メンタルケア心理士は独学では受験資格が得られない

メンタルケア心理士は独学では受験資格が得られない

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○メンタルケア心理士は、指定講座の受講を修了していないと受験資格が得られません。
受験資格について
メンタルケア心理士の受験資格には、いくつかの条件があります。
まずは、メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講を修了していること
または、認定心理士資格、産業カウンセラー初級資格の保有者、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科卒業者にも受験資格が認められています。
認定心理士になるには、大学や大学院で、心理学に関する最小限の基礎知識や技術を学んでいることが必要です。その上で日本心理学会に認定申請をし、審査通過後に認定されるしかくです。産業カウンセラーも、その受験資格を得るためには所定の講座を修了するか、あるいは大学や大学院での学習が必要とされています。
いくつか条件はあるものの、とくに初心者にとって、独学では受験資格が得られないことが分かりました。
○メンタルケア心理士の上級資格の受験資格は
メンタルケア心理士の受験資格は、独学では得られないことが分かりました。では、上級資格には、どのような条件が定められているのでしょうか?
メンタルケア心理士の上位資格である、準メンタルケア心理専門士。最上級資格はメンタルケア心理専門士です。いずれのも、受験資格には、メンタルケア心理士の習得を求められます。また、臨床心理士資格の保有者、心理隣接研究・専攻科修士(書類審査あり)にも受験資格が認められています。
もし初心者が上位資格の取得を検討する場合、いずれの上位資格であっても、まずはメンタルケア心理士の取得が必要となります。
○どのように学べばいいの?
独学では取得できない、メンタルケア心理専門士の受験資格。
初心者が目指す場合、通学講座か通信教育によって、メンタルケア心理士講座の受講を修了することができます。
現在、通学講座を設けているのはTERADA医療福祉カレッジの通学新宿本校のみです。また、通信講座の場合、通学講座も設けているTERADA医療福祉カレッジと、ヒューマンアカデミー、LEC 東京リーガルマインドの3校。
うち、LEC東京リーガルマインドは、TERADA医療福祉カレッジとの提携での口座になっています。

また、ヒューマンアカデミーには「カウンセリング実技実践付き」のコースも用意されており、より学びの幅を広げることが可能となっています。
○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。