メンタルケア心理士難易度

メンタルケア心理士難易度

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士の難易度は果たしてどのようなものなのでしょうか?難易度が分かれば、上位資格に挑戦するときの検討材料にもなります。詳しくみてみましょう。

 

○メンタルケア心理士の合格率
メンタルケア心理士の平均合格率は4割程度。受験者数は非公表です。
年代別の合格率は、30代が最も高く40%程度。ついで30代が3割弱、40代が2割程度です。職業別の合格者率は、医療福祉関係、
次いで会社員が同じく2割程度。そしてパート・アルバイトの2割弱と続きます。

 

○メンタルケア心理専門士の合格率
メンタルケア心理専門士の最上位資格、メンタルケア心理専門士の平均合格率は2割程度。受験者数は非公表です。
準メンタルケア心理士の合格率の合格率が6割弱であることを踏まえるとやはり最上位資格。
実技試験も行われるためか、難易度は高いと言ってもいいかもしれません。
年代別の合格率は、30代が4割程度、次いで20代が3割弱。その後は40代が2割台と続きます。
職業別の合格率は、医療福祉関係が3割弱、会社員が2割程度。ついで主婦が1割程度となっています。

 

○難易度は高い?
メンタルケア心理士の難易度が高いか低いかを詳しく見てみます。
まず、メンタルケア心理士の合格基準は、正答率が8割以上、または受験者の偏差値が55以上となっています
また、偏差値は実施回ごとの測定となります。こちらの合格基準は準メンタル心理士試験においても同様となっています。
メンタルケア心理専門士の合格基準について、学科は7割の正答率を求められます。実技はA〜Eの5段階評価がなされ、合格はA〜Cまでとなっています。
メンタルケア心理士の試験問題は、メンタル心理士の分野のみ。そのため、準備さえしっかりしていればさほど難易度は高くないかもしれません。
しかし、初心者に限って言えば、準備を怠ると不合格となってしまうことが多いかと思われます。
また、他二つに比べて際立って高くなっている準メンタルケア心理士の合格率。この理由については、出題範囲が、すでに学習済みのメンタルケア心理士の分野全般に加え、メンタルケア心理専門士分野の一部となっていることがあるかもしれません。なおかつ、正答率あるいは偏差値かのいずれかが合格基準となっている点も、合格率を挙げている点のひとつとして考えてもいいでしょう。
メンタルケア心理専門士の合格率は、やはり最上位資格であるため、中でも一番低い合格率です。
学科に加え、実技試験も加わることがそのハードルを上げているのでしょうか。
いずれの試験についても、準備を怠らないことが合格への近道になるでしょう。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。