メンタルケア心理士の主な就職先と仕事内容

メンタルケア心理士の主な就職先と仕事内容

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士を取得。その後の就職先や、その仕事内容について紹介します。

 

○医療機関をはじめ、幅広い就職先
メンタルケアの専門家、心身両面からのメンタルケアに関する知識を持っていると認められた、メンタルケア心理士。就職先候補として挙げられる、
カウンセリングに関係した機関は、医療機関や学校、そして企業まで幅広くに存在しています。
医療機関の場合、精神科や心療内科をはじめとした病院やクリニック、そして医療福祉施設などが対象となってきます。
そして、各行政機関によって設けられた教育相談所や、学校内にある相談室。企業内にある相談室に在駐する相談員なども対象になるでしょう。
そのほかは、一般的なカウンセリングルームへの就職なども考えることができます。
カウンセリングの方法は、メールや電話、対面など、さまざまな手法を用いて行います。

 

○仕事内容
就職後の仕事内容について、まずはその就職先ごとでの呼称を踏まえ、その役割の違いについてもみてみます。
まずは病院やクリニックなど、医療福祉施設に就業した場合は「心理カウンセラー」と呼ばれることが多くあります。
投薬を含めた「治療」や「診断」は医師が行い、患者さんの回復の手助けをする役割を務めることとなるのが、心理カウンセラーの役割です。患者と医師の間に立って双方のコミュニケーションの手助けを務めることもあれば、心理カウンセリングや精神療法を行ったり、あるいは、治療全般における相談を受けたりなど、様々な役割を求められる仕事内容だということができそうです。
また、教育相談所や、学校などの教育施設においては、スクールカウンセラーと呼ばれることが多くあります。
生徒や学生にとっては学校生活をはじめ、取り巻く家庭環境や、時には進路に関しての相談を受けることもあるでしょう。
また、子どもにとっては保護者の存在は欠かせないもの。教育に悩む親の相談を受けることももちろんあります。また、医療機関にかかった方がいいかの相談を受けることもあるかもしれませんが、心身両面からのメンタルケアを学んだメンタルケア心理士であれば、そのような相談にも応えることが可能となってきます。
また、企業内に常駐した場合には、企業内カウンセラーということになります。企業あるいは、組織内で働く人を中心としてカウンセリングを行うことがメインとなりますが、そこでもまた、受けるべき治療などの助言を与えることもあるかもしれません。