メンタルケアって?

メンタルケアって?

ストレス社会とも言われる現代では、職場で受けるプレッシャーに堪えかねて、メンタル面で問題を抱える方が少なくありません。企業を存続させるために、社員の心の健康を守ることはとても重要です。
ここでは、企業ができる取り組みをいくつか紹介していきましょう。社員の幸せと自社の発展を願うのであれば、ぜひ目を通してみてください。

 

○メンタルヘルスとは?
メンタルヘルスとは、「精神の健康状態」を指す言葉です。世界保健機関(WHO)によるとメンタルヘルスは、思考や情緒といった個人的な特性だけでなく、社会や経済といった環境の影響を受けることがあるとされています。景気の変動や雇用形態の複雑化などから、社員のストレスの増大が叫ばれる今日、企業における「メンタルヘルスケア」の重要度が高まっているのです。

 

○メンタルヘルスケアの重要性
メンタルヘルスケアは、社員全てがメンタルヘルスを適切に保ち、いきいきと働くことができる環境を作るための取り組みです。やりがいを感じて働くことで、属する組織への貢献度合いが増し、企業が活性化して社会に還元できる状態を最終目標とします。では、なぜメンタルヘルスケアの重要性が叫ばれているのでしょうか?
人は、心が不安定ではどうしても仕事に身が入りませんし職務に集中できずに細かなミスを起こしてしまったり重大な事故を起こしてしまう恐れもあるのです。生産性の低下や事故発生率の増加は、組織にとって軽視できない問題であり、これを放置すれば職場環境は悪化し、社会的な信用を失うことにも繋がりかねません。
適切なメンタルヘルスケア計画を立案することは、全ての企業の重要な課題と言えるでしょう。

 

○メンタルヘルス・マネジメント検定について
正しくメンタルケアするためには、専門的な知識が必要です。メンタルヘルスケアに取り組む際には、外部カウンセラーや産業医と連携し、社内の体制を整えることになります。外部機関を利用した場合のコストが心配な場合は、社内で専門人材を育成するのも1つの方法です。管理職クラスの社員に対して、カウンセリング関係の研修の受講や関連資格の取得を奨励しましょう。

 

推奨資格の一例として挙げられるのが、メンタルヘルス・マネジメント検定です。これは、メンタルヘルスを管理し、心の疲れを事前に防ぐための知識や技術を問う資格で、I種(マスターコース)、II種(ラインケアコース)、III種(セルフケアコース)に分かれています。

 

自社の戦略や方針に基づいたメンタルヘルスの計画方法社員教育や研修の企画、実施など、経営陣に適しているのがI種、部下の相談に乗るときの接し方アドバイスの仕方心の不調で休職していた社員が復職するときの支援の仕方などで構成され、管理職クラスに適しているのがII種、自らが受けているストレスの状況に気付き、軽減をするための方法といった、一般社員に合うものがV種です。
それぞれのコースによって内容が異なるため、職場内での役割に応じた資格取得をすると良いでしょう。

 

○ストレスチェック制度について
社員を始め、労働者のメンタルヘルスの不調を予防するために、国は新たにストレスチェック制度を創設しました。ストレスチェック制度とは、主にストレスチェックの実施を義務づけた制度であり、2015年12月から、従業員数50人以上の事業者を対象にして行われます。
ここで言うストレスチェックとは、厚生労働省によると「事業者が労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するための検査」を指します。

 

この制度は、定期的に社員のストレス状況を検査し、社員自身が自分のストレス状況について知るきっかけを作り、自分のストレス状況を知ることでメンタルヘルス不調のリスクを抑えます。また職場における環境の改善にも繋げることができ、ストレスの原因そのものを減らし、メンタルヘルス不調となる社員を未然に防いでいくことを目的としています。

 

○職場で気を付けるべきこと
では、実際の職場において、どのような方法でメンタルヘルスケアを進めていくことができるのでしょうか?

 

社員、管理職などそれぞれのフェーズに合ったメンタルヘルスケアに関する教育を行ったり、自分のストレス状況をセルフチェックするような意識付けを行ったりすることが大切です。必要に応じて、医療機関の受診を促すのも良いでしょう。職場の環境を変えていくことが、職場内におけるメンタルヘルスケアに繋がるのです。

 

社員のストレスを完全に取り除くことは難しいといえど、上手にケアをしていけば早期改善が望めるはずです。心の健康を保つことで、身体の健康にも気を使うことができ、心身ともに良い状態で仕事をすることができるでしょう。メンタルヘルスケアの重要性を意識して、企業内の体制を整えていきましょう。

 

たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています