メンタルケア心理士は人から尊敬される

メンタルケア心理士は人から尊敬される

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○職場のメンタルケア

 

働きやすい職場環境を整えるには、良好な人間関係を築く事とともに社員のメンタルケアも必要不可欠です。良好な職場環境を作るためにも、組織のリーダーや管理者は管理職研修などでメンタルケアについて理解を深めましょう。

 

○メンタルケアの重要性
仕事をするうえで、健康状態が良好である事は大切です。
身体的な病気にならない健康管理はもちろんの事、心の健康維持も課題のひとつと言われており、職場においてメンタルケアは重要視されています。

 

メンタルヘルスケアは、同僚や部下が健やかにいきいきと働ける気配り・援助と、この活動が円滑に実践されるような仕組みを作り、実践する事です。そのため、組織のリーダー・管理者は社員が円滑に職務・業務を遂行出来るように、心の健康を支える事も求められています。

 

○メンタルヘルスの不調が引き起こす事とは?
メンタルヘルスの不調になると、仕事への根気・やる気が続かない、重要な決定事項の判断力が低下してしまう、半日で終わらせる事が出来た仕事も1日かかってしまうなど、業務遂行能力を十分に発揮出来なくなる事が考えられます。

 

また、朝起きたときに気分の悪さや倦怠感が生まれる事で遅刻や欠勤をするようになったり、場合によっては長期休暇してしまう事もあるほどとても深刻な問題です。

 

メンタルヘルスの不調が原因で離職するだけでなく、最悪のケースとして自殺に追い込まれてしまうなど、大きな社会問題となっているのです。
そのため、厚生労働省を中心に国をあげてメンタルヘルス対策が取り組まれています。

 

○メンタルケアが組織の活性化につながる
心の健康を整える事は、生産性の向上や活力の向上にもつながります。

 

心身ともに健康な状態である事で社員の労働生活の質も高まりワークモチベーションの維持にもつながるなど、メンタルケアには大きな役割があると言えます。
社員の心労は仕事上の人間関係にもあると言われ、リーダー・管理者は管理職研修などによってメンタルヘルスケアに対する知識を深めたうえで、適切なメンタルケアを実践していく事が大切です。

 

職場のメンタルケアは企業存続のリスク管理などにもつながるため、より専門的な管理職研修をおすすめします。

 

たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。