メンタルヘルスの重要性

メンタルヘルスの重要性

身近な人がうつ病になった

 

というような話を聞くことが、それほどめずらしいことではなくなった、そんなことを実感する人は少なくないと思います。そして、まだ実感のない方にも、そんな日が突然やってくることもあります。そんな時、あわてずに対応できるように考えておきたいものです。どこか親の介護に似ていて、まだまだ元気だと思っていた親が急に倒れてしまい家族が対応にあわてることはよくあることですが、自分の職場にメンタル不調者がでるなど関係のないことだと考えがちです。

 

しかし、現実には働く人のメンタル不調は、年々増加しています。そして、組織としての会社がどう対応すればよいかを考えるようになったのは、この10年くらいのことなのです。もちろん、以前から対応を真剣に考えてきた企業もありますが、今日でも多くの会社の対応は、不十分だと言わざるを得ません。また、わが国にはメンタルヘルスの専門家はあまりにも少なく、適切な支援がないために職場復帰ができないでいる方が沢山います。

 

国も手をこまねいているわけではなく、労働法の改正対策指針・提言なども積極的に行っています。残念なことに、まだ期待通りの効果はでていませんが、メンタル不調の問題は、国家的・社会的な課題にすらなっているのです。

 

最近、リワーク・プログラムという職場復帰のためのプログラムが効果を上げていることが知られてきました。このプログラムには、メンタル不調の予防に役立つ様々なヒントがあります。そのヒントをメンタルヘルス対策に組み入れれば、メンタル不調の早期発見やより適切な対応ができるようになるはずです。

 

難しいことですが、働く人たち同士がお互いのメンタル不調を早期に発見し、適切な相談と支援が受けられるような組織を作っていくことが求められているのです。

 

もちろん、うつ病の人をかかえる家族の支援も大切な課題になっています。そうした課題を解決していくためには、働く人たちの一人一人がメンタルヘルスに関心を持ち、お互いが助け合える関係を作っていくことが大切です。

 

現在、ほとんどの職場でメンタルヘルスのための社内研修が行われていますが、自分自身の問題として、職場全体の問題として真剣に受けとめられるように、もう一歩進めていきたいものです。そのためには、専門的な知識やトレーニングも必要です。

 

(社)メンタルヘルス協会は、そんな願いを持って家族への支援も含めたうつ病のカウンセリングができるメンタルヘルス・カウンセラーの養成を行っています。

 

さらに、組織全体でどのように取り組んでいけばよいかわからないとか、すでに取り組んでいるもののなかなかうまく効果をあげられないという悩みを抱えている方々に適切なアドバイスができるコンサルタントを養成しています。

 

(社)メンタルヘルス協会は、メンタル不調で悩む人々を支援する専門家をめざす人たちの教育活動を通じて、働く人々の心と体の健康を実現していきたいと考えています。

 

たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身に付けることが出来ます。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。