心の悩みが多い人のために

心の悩みが多い人のために

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○病むというのは簡単に言うと心が慢性的に、嫌な気持ちで満たされる状態です
病むというのは簡単に言うと心が、嫌な気持ちで満たされる状態です。
不快感苦しみの感情例えば不安とか、恐怖とか、そういうもので心が満たされている状態を病みの状態といいます。これはなかなか辛いことですよね。

 

病みが長く続くと慢性的病みになり、修復が難しくなります。
そしてあんまり長いこと病みの状態でいると、病みの状態でいることが標準になってしまうのです。
こうなるとなかなか明るい気持ちにはなれなくて病みがかなり固定化されてしまいます。
こうなるとずっと病んでいる状態になるのです。毎日気分が暗いままの状態です。そしてもともと明るい状態というものがどうだったかということすら思い出せなくなるので、再起が難しくなります。
だから今高校生とか中学生でやんでいる人達は早いうちに手を打たないと、50になっても60になっても病んだままになりますので早めに病みの状態から抜け出しましょう。向上心の強い人、頭のいい人、繊細な人はストレスを感じやすい

 

繊細な人ほど病みやすいのです。あんまり物事を深く考えない人の方がやまないのです。また向上心が強い人の方が病みやすいのです。とにかく美味いメシが食えればいいじゃん。という人はまだ病みにくいのです。向上心というのは、強くなりすぎると自責の念になるのです。「自分はなんと情けないのですか!」と思いがちなのです。ぼーっとしている人の方が病みにくいのです。繊細な人はちょっとしたことも感じ取ってしまうのです。ちょっとした嫌味とかそういうことも読み取ってしまうのです。ある程度自己の頭の良さを自覚している人の方が病みやすいのです。自分が頭がいいと気づいている人は当然自分に求めるものも強くなりますよね。
私馬鹿だからさぁー」と言っている人はあんまりやまないのです。それから頭の回転が速いといろいろ考えすぎてしまうこともあるのです。ああいう失敗もありえるな未来のシナリオを山ほど想定してしまうのです。
例えばあまり物事を考えない人だと想定は2パータンくらいしかありません。悪く言えば危機を予測する能力が低いのです。ところが頭の回転が速いと10パターンも20パターンも考えて寝れなくなったりするのです。
例えば、明日仕事でこういうふうに失敗するんじゃないかとか、そういうことを10パターンも考えたら寝れなくなりますよね。

 

このような人を救うためにもメンタルケア心理士は優遇されています。

 

たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学精神解剖生理学カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集3回のレポート補講問題模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。