メンタルケア心理士vsメンタルケアカウンセラー

メンタルケア心理士vsメンタルケアカウンセラー

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士とメンタルケアカウンセラー。同じくメンタルケア学術学会の認定資格であり、名前も似ていますが、その中身は異なります。詳しくみてみましょう。

 

○メンタルケアカウンセラーは試験がいらない
まずはじめに、大きな違いがあります。それは、メンタルケア心理士の各資格については、資格試験が存在していますが、メンタルケアカウンセラーは試験がありません。メンタルケアカウンセラー教育課程の修了を以て、資格認定されます。

 

○メンタルケアカウンセラーとは?
メンタルケアカウンセラーを取得した時に証明される能力は、「心理学の入門知識およびコミュニケーション向上で求められる基礎能力を有すること。」となっています。
「うつ」をはじめとした、心の病を抱える人が増え続けています。その原因は、日常のいたるところに存在しているということができます。そのことからストレスを感じ続け、負担が体にかかり続けた場合、誰にでも精神疾患を発病してしまう可能性があるともいえます。
そんな、「こころの病」から自らを守る方法のひとつは、精神を健やかに保ち、心にかかる負担を軽減させることのできる、メンタルケアの方法を知っておくこと。
メンタルケアカウンセラーを取得すると、日常における自分自身のメンタルコントロールに役立つ知識が身に付くことのみならず、心理学を学ぶことにより、周囲との関係性の向上も目指すことができます。

 

○就職や開業、仕事の場面で生かすならメンタルケア心理士
メンタルケアカウンセラーは、心理学の入門としての資格であるということが言えます。メンタルや心理に関して、これから学んでいきたいという場合に適しているのがメンタルケアカウンセラーです。生かせる場面や場所、対象としては、日常生活や職場、日常の人間関係における様々な場面。自分自身のメンタルコントロールや、よりスムーズな対人関係の構築などに役立てることができるのが、メンタルケアカウンセラー資格の用途であるということができます。
また、仕事の場面、就職や開業などに生かしたいとなった場合は、メンタルケア心理士を取得したほうがベターです。メンタルケア心理士は、メンタル不安や精神疾患予備群となっている人々に対し、実際に対応して相談を受けることができることとなっています。そのため、精神科や心療内科のような医療機関をはじめとした、カウンセリングを行っている機関への就職の道も開けるのが、メンタルケア心理士となります。