たのまなメンタルケア心理士講座の中身について

たのまなメンタルケア心理士講座の中身について

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○公的学会認定資格「メンタルケア心理士R」「メンタルケア心理専門士R」を目指す!
公的学会認定資格とは、日本学術会議から指定を受けている学術研究団体(公的学会)が認定する資格です。メンタルケア学術学会が「日本学術会議協力学術団体」に指定されたことで、メンタルケア心理士R、メンタルケア心理専門士Rは「公的学会認定資格」として位置づけられます。また第三者評価機関である「生涯学習開発財団」「一般財団法人ヘルスケア産業推進財団」からも認定されています。

 

○質問は何度でもOK。担当講師がしっかりフォロー
質問フォーム(メール)・FAX・郵送の方法で受講期間であれば、何度でもご質問いただくことが出来ます。 どうしても分からないことはそのままにしないでご遠慮なくご質問ください

 

○メンタルケア心理士・専門士とセットで学ぶと受講料がお得!
セット講座は、受講料が別々の購入に比べてお安くなります。「メンタルケア心理士R」→「准メンタルケア心理専門士?」もしくは「メンタルケア心理専門士R」と段階を経て学んでいただくのももちろんOKですが、初心者から上級資格を取得し、カウンセラーとして活躍したい方には、断然お得な講座です

 

多大なストレスを抱える現代社会において、心の問題は年々クローズアップされており、メンタルケアが重要となってきております。 しかし現在、心の病気の治療は心療内科でしか行っていません。そんな中、医師と患者さんの架け橋となるべく、民間のカウンセラーの存在が、より重要度を増していっています。患者さんを中心に、治療は医師が、診療(メンタルケア)はカウンセラーが行います。心の健康を維持し、心理的な負担を軽減するための相談にのり、幅広い知識に基づいた適切な援助を行える「メンタルケア」の専門家が、今求められております。

 

「メンタルケア心理士講座」では、「メンタルケア」の専門家として活躍しているための知識とスキルの習得を目指します。「メンタルケア心理士講座」は、現代社会が抱えているさまざまな課題や問題を心理学的視点から幅広く学び、社会や地域で広く活躍できる基本的専門知識を習得していきます。
「心」の病気は、「病気」なのです。ですから、心理学といっても、「心」だけの勉強をするのではなく、「身体」のこともしっかり学習する必要があります。
そのため本講座では、カウンセリング技法だけではなく、臨床心理として医学的見地からも正しい心理カウンセリングや心理療法も行えるような学習をしていきます。
カウンセリング基本技法から、精神解剖生理学、精神医科学までを体系的に学び、幅広い分野で心理学の知識と技術を活かせる、心理カウンセラーを養成します。
これらのメンタルケアを学び、幅広い知識・技術を身につけることにより、日常での基本的なメンタルケア自己コントロール、 家庭や職場でのコミュニケーションによる人間関係の向上、心理カウンセリングなど、医療の現場はもちろん、現代人が抱える"ストレス"を未然に防ぐことができるのです。