心理カウンセラーには資格が必要なのか?

心理カウンセラーには資格が必要なのか?

心理カウンセラー」とは、職業の総称。この職業を名乗ることのできる資格にはいくつかありますし、中には特別な資格を持たない人がいるのも事実です。つまり法律的な観点のみで言うと、心理カウンセラーになるには資格は不要です。
では、心理カウンセラーとして「成功」するには、資格取得は必須なのでしょうか。実態に迫ってみましょう。
心理カウンセラーには3種類あります。
「心理カウンセラー」の職業を名乗る人には、下記の3種類のパターンが存在します。

 

1.大学や大学院などで心理学を学び、「臨床心理士」としての専門職に就いている人。.
2.学会や講座などで民間の認定資格を取り、カウンセラーまたは看護師・教師として活動している人
3.資格は取得せず、人生経験を生かしてカウンセリング活動をしている人
現状では、3番目に該当するカウンセラーも少なくありません。なぜなら、大学に通い直すのは非現実的、しかも日本ではカウンセラーの職業自体、これまであまり普及していなかったからです。
しかし国家を挙げてストレス社会への対策に取り組み始めた現在、今後は様々なシーンでプロである証明を求められることは、想像に難くありません。
そのため資格は、今からでも取得しておくのが良いと言えます。

 

○おすすめは「メンタルケア心理士」
今から大学に行き直している場合ではない・・・という方におすすめなのは、「メンタルケア心理士」の資格です。その他の資格は1日講習を受けただけで認定されるものもありますが、信用面では少し弱いというのが実情。
「メンタルケア心理士」は、通信講座の勉強で取得が目指せるにもかかわらず、医療と連携した相互援助システムが整った資格です。認定団体も「日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会」という権威ある団体で、まだ一般には浸透していないものの、業界では非常に有名な立ち位置。将来を見据えて今から取得しておくことで、その価値は今後さらに上がっていくことでしょう。資格取得後に一定の基準を満たせば、医療機関や独立開業への道も開かれているのです。
また、メンタルケア心理士は将来性が非常に高く、取得しておいて必ず役に立ちます。

 

○「メンタルケア心理士」になるには
メンタルケア心理士には、以下の受験資格が指定されています。
1.メンタルケア学術学会指定教育機関指定講座の受講修了者
2.認定心理士の資格保有者
3.産業カウンセラー初級の資格保有者
4.文科省の定める4年制大学心理学部・学科または心理隣接学部・学科卒業者
上記2〜4は大学から入り直す必要があります。つまり初学者の方の条件は1.のみとなります。コストパフォーマンスの良い「ヒューマンアカデミーたのまな」の講座で、最短合格を目指しましょう。