メンタルケアカウンセラー資格の難易度と合格率

メンタルケアカウンセラー資格の難易度と合格率

○メンタルケアカウンセラー資格の難易度について
メンタルケアカウンセラー資格に限ったことではないのですが、何かの資格を取得するとなったときにその難易度が気になるという方も多いのではないでしょうか。もちろん、難易度が高いほうがやる気が出るという方もいるかもしれませんが、おそらくほとんどの方にとって難易度はできる限り低いほうがいいものです。
幸い、メンタルケアカウンセラー資格の難易度というのは高くありません。世の中にはいろいろな心理系の資格が存在していますが、その中でも難易度としては易しい部類に入るのではないでしょうか。レポートを一定のレベルでクリアする必要はありますが、そのレポートもそう難しいものではありません。
もともとメンタルケアカウンセラーというのは、入門編のような資格になります。実際に、メンタルケアカウンセラー資格を取得した後にはメンタルケアカウンセラーの上位の資格取得を目指す方も多いのです。心理系の資格を取得するにあたっての第一歩になるような資格だからこそ、その難易度もぐっと抑えられているのかもしれません。

 

○メンタルケアカウンセラー資格の合格率について
メンタルケアカウンセラー資格の難易度も気になるでしょうが、難易度よりも合格率のほうが気になるという方もいるかもしれません。確かに、メンタルケアカウンセラーに限らず資格取得にあたってはその合格率も気になるポイントです。メンタルケアカウンセラーの合格率に関しては、ほぼ100%といっていいでしょう。
メンタルケアカウンセラー資格の合格率に関しては、公式に発表されている数値というのは今のところ見当たりません。しかしながら、講座を受講し、その講座でレポートを提出し、そのレポートで一定のレベルをクリアすることができれば、メンタルケアカウンセラー資格を取得することができるのです。もともと入門編のような資格になりますので、その難易度というのは易しいものです。
基本的には誰でも受講することができますし、レポートで一定のレベルをクリアすることができれば誰でもメンタルケアカウンセラー資格を取得することができるのです。インターネット上で調べてみてもメンタルケアカウンセラー資格を取得できなかったという話はほとんど見当たりません。真面目に受講をしている方であれば、メンタルケアカウンセラー資格はほぼ100%の合格率であると考えていいでしょう。