メンタルケア心理専門士資格試験に必要な受験資格

メンタルケア心理専門士資格試験に必要な受験資格

○メンタルケア心理専門士資格試験に求められる受験資格について
メンタルケア心理専門士の資格試験に限ったことではないのですが、何かの資格試験を受けるときにその受験資格というものを満たしていないといけません。受験資格を特に設けていないという資格もあるのですが、メンタルケア心理専門士の資格試験においてはその受験資格がしっかりと決められているのです。
では、メンタルケア心理専門士の資格試験に求められる受験資格というのはどうなっているのでしょうか。メンタルケア心理専門士の資格試験においては、メンタルケア心理士認定試験に合格した方、臨床心理士の資格を保有している方、心理隣接研究・専攻科修士の方のいずれかに該当すれば、受験資格を満たしているということになります。
臨床心理士の資格を保有している方というのが受験資格のひとつになっているのですが、臨床心理士というのは心理系の資格の中でも最難関、最高峰と呼ばれているものです。その資格を保有していることが受験資格のひとつになっているのですから、メンタルケア心理専門士の資格試験で求められるレベルの高さも想像がつくでしょう。

 

○クリアしやすい受験資格はメンタルケア心理士認定試験に合格すること
メンタルケア心理士認定試験に合格した方、臨床心理士の資格を保有している方、心理隣接研究・専攻科修士の方がメンタルケア心理専門士の資格試験における受験資格を満たしていることになるのですが、この中で一番クリアしやすいのはメンタルケア心理士認定試験に合格することです。受験資格を満たしていないのであれば、これをクリアするところから始めていきましょう。
というのも、メンタルケア心理士認定試験に合格する以外の臨床心理士の資格や心理隣接研究・専攻科修士といった受験資格は満たすのにハードルがかなり高いのです。場合によっては大学に入り直したり、大学院へ入学したりしなければいけません。そうなってくると、お金も時間も相当かかってしまうでしょう。
しかしながら、メンタルケア心理士の認定試験に合格するのであれば、お金も時間もそうかかりません。もちろん、まったくかからないというわけではないのですが、大学へ入り直したり、大学院へ入学したりすることを考えれば、よっぽど現実的ですし、実際に実現可能な方法です。まずは、メンタルケア心理士の認定試験をクリアしていきましょう。