イメージし実践することで憧れの選手に近づく

イメージし実践することで憧れの選手に近づく

集中力を妨げる原因は実に様々です。外的な要因としては、例えば周囲の雑音が耳に入ってしまい集中できなかったり、何かを始めようとしたとき、タイミング悪く話しかけられ、一気に集中力が切れてしまうなど。
一方、集中力を妨げる内的な要因(自分が原因)としては、ここ一番の場面でプレッシャーを感じてしまい集中力を欠いたり、睡眠不足や身体的な疲労がピークに達して、集中できないということもあります。
ここで大切なことは、とにかく没頭すること。没頭、すなわち、何もかも忘れて、ある物事に集中することです。
そこで先の外的要因に対しては、日々の練習の中で、自分を慣れさせていくのも一つの方法です。敢えて雑音が多い場所を選び、イメージトレーニングを行ってみましょう。

 

最初は全く集中できなかったとしても、次第に状況に慣れ、集中力が高まってくるのがわかるはずです。また、内的要因の中で、疲労や睡眠不足に関しては、まずは十分な休息と睡眠を取ること。なお。プレッシャーについては不安でいる自分をもう一人の自分が思考で不安ではないという方向へ導いてあげることが集中力を高めるポイントです。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。