メンタルケア心理士ってどんな過去問?

メンタルケア心理士ってどんな過去問?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

メンタルケア心理士を取得したいと思うなら、試験の過去問を研究しなければなりません。
過去問の内容と傾向が分かれば、試験対策も万全になるからです。
ここでは、メンタルケア心理士の試験で過去にどんな問題が出題されたかを報告しているので、資格取得を目指す人は参考になさってください。

 

○過去に出題された問題
ここでは、メンタルケア心理士試験の過去問の出題傾向をご紹介します。
メンタルケア心理士の試験では一般学科と文章作成がありますが、まず一般学科から見ていきましょう。
まず、「解剖生理学」は過去必ず出題されています。
具体的には、骨格、筋肉などの人体組織、消化器系、循環器系、呼吸器系など人体器官に関する基礎知識ですが、神経系、内分泌系、感覚器系など生殖器系からも出題されています。
次に「精神解剖生理学」ですが、こちらも試験対策が欠かせない分野といえるでしょう。
具体的に出題されるのは、生化学の基礎知識、すなわち、遺伝子や染色体、炭水化物、脂肪、酸素、たんぱく質の知識です。
薬についての基礎知識もよく出題されています。
例えば、薬の形状、排泄、代謝、分布、吸収といった知識、これらは薬理学といわれますが、次の試験でも出題される確率が高いでしょう。
精神医科学分野の問題も出題されますが、こちらは「精神障害の基礎知識」と「身体疾患および精神症状に関する基礎知識」が問われます。
精神障害の基礎知識では、統合失調症や妄想性障害などの精神病、うつ病性障害、双極性障害などの気分障害の知識です。
身体疾患および精神症状に関する基礎知識では、糖尿病、認知症、パーキンソン病、脳卒中、肝炎、腎不全などです。
文章作成では、総文字数800字程度で、試験のガイドライン及び学科出題範囲からの記述問題を形式に、オリジナルの文章を作成しなければなりません。

 

○試験対策用の認定講座を受ける
過去問をよく研究してメンタルケア心理士の試験に受かるには、認定講座の選び方も重要です。
メンタルケア心理士の受験資格が得られる認定講座はいくつかありますが、過去問への対策能力はどこも同じではありません。
試験合格を確実なものにするためには、過去問の傾向と対策がしっかりできている認定講座を受講しなければなりません。
その点では、ヒューマンアカデミーのたのまな通信講座がおすすめです。
ヒューマンアカデミーのたのまな通信講座なら、過去に実際に出題された問題を基本にテキストを作成し、分かりやすく解説しているからです。
したがって過去問題集を別に買わなくても、ヒューマンアカデミーのたのまな通信講座のテキストを学んでいくだけで、メンタルケア心理士試験の傾向と対策はバッチリです。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。