メンタルケア心理士の通信講座で一番良いのは?

メンタルケア心理士の通信講座で一番良いのは?

○メンタルケア心理士の通信講座で一番良いのは?
最大の理由は、この資格を受験するためには、「学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講修了をした者」とあります。ですから、学会指定教育機関の講座でないと受験資格が得られないのです。どんなに知識があって合格レベルにあっても受験すらできないのです。

 

こういった心配をする必要がなく、安心して勉強に取り組めるのが「ヒューマンアカデミー たのまな」の メンタルケア心理士通信講座なのです。やるからには資格も絶対取りたいですしね。

 

「ヒューマンアカデミー たのまな」のメンタルケア心理士 通信講座には、メンタルケア心理士だけを単独で学習するものから、メンタルケア心理士よりも比較的簡単なメンタルケアカウンセラーから始めるものも用意されています。さらに、メンタルケア心理士よりも難しいメンタルケア心理専門士もあわせて学習するなど、用途に合わせて豊富に選択肢があります。

 

私の個人的な感想としては、メンタルケアカウンセラーとメンタルケア心理士がセットで受講できる「メンタルケアWライセンス講座」がおすすめです。最終的にはメンタルケア心理士までとり履歴書にも書けるようにしたいのですが、まずはメンタルケアカウンセラーからじっくり心理学の基礎を学習していけるからです。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。

 

 

 

 

 

 

【資格の全体像】
メンタルケアカウンセラー(心理学のもっとも初歩的な資格です)

メンタルケア心理士(メンタルケアカウンセラーをもっていなくともいきなり受験できます)

准メンタルケア心理専門士(メンタルケア心理士に合格してしていないと受験できません)

メンタルケア心理専門士(メンタルケア心理士に合格してしていないと受験できません)