メンタルケア心理士と長時間労働の関係

メンタルケア心理士と長時間労働の関係

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

生計を立てるために、仕事をしている人は少なくありません。家族のメンバーを養っていくために、辛いと思っても仕事を一生懸命行っている人はたくさんいます。

 

収入を得るためには、ある程度の長い時間を働く必要があることがめずらしくありません。規定の時間外に働く残業などがある場合もあります。残業などが重なり、長時間労働に苦しい思いをしている人もいます。また、営業の仕事を担っている人は、ノルマに苦しめられている人が少なくありません。歩合制の仕事をしている場合には、ノルマを達成しなければ給料が十分に受け取られないという場合もあります。

 

このような環境で仕事をするのには、ある程度のストレスが伴います。ストレスを感じすぎると、身体に悪い影響を与えることもあります。場合によっては、身体を壊す人もいます。体調が崩れてしまうと仕事に携わることが難しくなります。仕事に順調に取り組むことができるようにするためにも、悩みがある場合は心理カウンセラーに相談することができます。心理カウンセラーは、どのような相談内容でも対応します。心理カウンセラーは相談内容を外部の人に話すことがないため、安心して相談をすることができます。

 

仕事に関する悩みがあるときには、心理カウンセラーに相談をすると、親身になって耳を傾けてもらうことができます。悩みは人と共有すると、心が落ち着くようになります。心理カウンセラーは、相談者の気持ちに寄りそいながら対応します。

 

生計を立てるために、仕事をしている人は少なくありません。家族のメンバーを養っていくために、辛いと思っても仕事を一生懸命行っている人はたくさんいます。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。