メンタルケア心理士を目指すのに参考書は必要なのか?

メンタルケア心理士を目指すのに参考書は必要なのか?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

資格の勉強をするというと、どこまで資料を用意したらいいのか悩みますよね。学校の試験の時のように参考書や過去問、テキストを用意しないと合格出来ないのでしょうか。心理学となると専門的な分野だし、どこまで参考書などの準備をするべきなのでしょうか。

 

○メンタルケア心理士には参考書が必要?
メンタルケア心理士の場合、通信講座で十分学ぶことが出来ます。
確かに書店に行けば心理カウンセラーに関する参考書はたくさん販売されています。心理カウンセラーについて参考書を購入するのであれば資格習得後にもっと別の分野を学んでみたいと思う場合で十分です。メンタルケア心理士は、通信講座の中に含まれる豊富なテキストに試験内容の全てが網羅されています。その為、様々な参考書を読むよりも、通信講座のテキストを網羅して暗記するほうが試験対策としてはとても効果的なのです。
余計な費用もかかることなく、試験範囲も明確になっているからこそメンタルケア心理士は通信講座で満足できる成果を得ることが出来ます。

 

○ヒューマンアカデミーの通信講座のテキストは?
心理学というと難しいと懸念してしまいがちですがヒューマンアカデミーなら、初心者でも安心して学ぶことが出来るテキストとなっています。
テキスト内容としては、

 

1.講義DVD 全8枚
2.テキスト教材 3冊【精神医科学基礎/精神解剖生理学基礎/カウンセリング基本技法】
3.ポイントグラフィックDVD 全3枚
4.添削問題集(全6回)

 

等、メンタル心理士の試験合格の為に効率よく学べる仕組みがたくさんあります。
これだけで網羅できるとなれば、とても効率的に勉強することが出来ます。資格にかける時間も大切ですが、仕事や私生活などのプライベートの両立が出来るのが通信講座のいいところですね。
メンタル心理士は通信講座で試験対策としては十分学ぶことが出来ます。だからこそ、参考書をたくさん読む方法ではなく、通信講座でポイントを押さえて勉強するようにしましょう。心理カウンセラーは資格を取ったから終わる資格ではありません。人の心に寄り添い相談にのり解決に導くということは、時代の変化やニーズにもついていけるように努力することが大切です。メンタルケア心理士はあくまでも資格を習得後のスタート段階であって、より心理カウンセラーとして実力をつけるために参考書ももちろんですが、実践経験を積んでいくことが大切です。テキストに頼り切らない確かな実力をつけるようにしてくださいね。