メンタルケア心理士の試験日程は?

メンタルケア心理士の試験日程は?

メンタルケア心理士」は、心の病を患う人が増えているからこそ注目されている資格です。
2005年に施行されたばかりの比較的新しい資格になります。「特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会」、「財団法人生涯学習開発財団」の2つの団体によって認定されています。では「メンタルケア心理士」になるにはどのような試験を受ける必要があるのでしょうか。

 

メンタルケア心理士の試験内容が知りたい!
メンタルケア心理士は、学科試験と実技試験があり、日程が異なります。
その年によって日付が変わるので公式サイトを参照するのをおすすめします。
学科試験、課題レポート提出、実技試験が年に2回行われています。
試験内容は以下の通りです(※メンタルケア学術学会より引用)

 

【学科】
メンタルケア心理士(R)分野全般に加え
以下のメンタルケア心理専門士(R)分野より出題

 

(1)精神医科学緒論
◆検査学 知能指数 知能検査 質問紙法 投影法 臨床検査知識(EEG・CT・MRI)
◆事例検証
◆処方せん学

 

(2)面接技法(カウンセリング技法)
◆看護とカウンセリング
◆コミュニケーション方法
◆心理アセスメント(調査・査定)
◆守秘義務等・倫理
◆カウンセリングの準備(視線と椅子の座り方)
◆インテーク面接(初回面接または受理面接)
◆ラポートと共感

 

(3)応用生活心理学
◆発達課題とストレッサー ・家庭環境と発達心理学 発達課題と心理的ストレッサー
◆家庭内心理学:生活の役割
◆時間的流れから見た心理:胎児から青年へ

 

(4)カウンセリング技法(心理療法)
認知療法 論理療法 交流分析 遊戯療法 内観療法 ピア・カウンセリング
臨床動作法 心理劇(サイコドラマ) 意味療法 ヘルスカウンセリング

 

(5)精神予防政策学
◆精神予防政策学 精神衛生について 健康の定義 病気の定義 精神衛生の援助サービス方法
◆社会と人
◆精神疾患予防に関わる職域
◆職場における心的環境整備
◆精神科リハビリテーション概要

 

【実技】
(1)学科・課題レポート出題範及びガイドラインの事柄について口頭試問、もしくはカウンセリング実技
民間資格ではありますが、これだけ学ぶ内容が多く、範囲も広いためきちんと勉強することが大切です。メンタルケア心理士は「カウンセリング(相談援助)を行う援助者であること」とされ、心理的な概念や生活応用心理、カウンセリングを必要とする多様多種な業種で必要とされる関連知識も問われます。とてもやりがいのあるメンタルケア心理士をあなたも目指してみませんか。