メンタルケア心理士の試験時間は?

メンタルケア心理士の試験時間は?

○メンタルケア心理士の試験時間は?
メンタルケア心理士の試験は基本的にすべて在宅で行われる試験となります。
そうなると、いつでも受けることが出来るの?いつ受けても問題ないの?と思いがちですが、実は日程や時間が定められています。メンタルケア心理士の試験の日程については先程説明しましたが、時間帯はどうなのでしょうか。

 

【メンタルケア心理士の試験時間】
メンタルケア心理士の試験を行うにあたり、注意事項があります。
以下、メンタルケア学術学会より引用致します。

 

【試験問題到着〜返送について】
1)試験セットは郵便局より試験日の午前中に願書記載住所へ特殊郵便で送付します。試験セットは必ず手渡しとなりますので、試験当日は受験者本人が待機してください。
2) 各受験検定の受験時間、受験注意事項を遵守し受験してください。
3) 受験終了後は試験日当日または翌日に、提出書類を指定封筒へ封入し郵便局の書留窓口で提出してください。
4) 指定以外の送付方法で郵送トラブルが生じた場合、責任は負いません。

 

【試験当日、受験の注意事項】
・試験セットの受取について
不在の場合は「不在票」が投函されますが、試験当日14時までに受取ができない場合は無効となります。

 

・受験終了後の提出書類の提出期限
試験日当日または翌日の郵便局消印が有効です。試験日当日または翌日以外の消印があるものは無効となります。

 

試験当日は、在宅し試験セットを受け取ること、また受け取りは14時までということ、試験終了後当日、または翌日の消印が必要になります。当日は仕事があって受け取れない場合、必ず翌日には受け取るようにしてくださいね。せっかく試験が終わっても郵便局の消印が間に合わないと意味がなくなってしまうので、十分に注意してくださいね。

 

○メンタルケア心理士の実技試験も自宅で出来るの?
実技試験というと在宅でできるイメージはありませんよね。メンタルケア心理士の場合、問題の内容を400文字の原稿用紙に説明文を記述する内容となります。その為、完全在宅の試験となります。
メンタルケア心理士の試験は、数点足りなくて合格出来なかった…という声もよく聞きます。試験後きちんと見直してから提出するようにしてくださいね。少し内容に不足があっただけで不合格になってしまうのはもったいないですよね。ただ在宅試験だし…と思って軽い気持ちで臨むと不合格になってしまう場合も。メンタルケア心理士は完全在宅ながら、心理カウンセラーの第一歩を踏み出すことが出来る資格です。