准メンタルケア心理専門士資格試験に必要な受験資格

准メンタルケア心理専門士資格試験に必要な受験資格

○准メンタルケア心理専門士資格試験の受験資格について
世の中には実にさまざまな資格試験が存在するものです。その中でも特に多く見られるのが心理系の資格です。心理系の資格の中には、誰でも受けられるようなものもあれば、きちんとした受験資格を設けているものもあります。准メンタルケア心理専門士の資格試験にも受験資格というものがきちんと設けられています。
では、肝心の准メンタルケア心理専門士の受験資格についてです。メンタルケア心理士の認定試験に合格している方、臨床心理士の資格を保有している方、心理隣接研究・専攻科修士の方のいずれかに該当していれば、受験資格ありと見なされることになります。逆にいえば、このどれにも当てはまらないということであれば受験すらできないのです。
受験資格の中には、心理系の資格の中でも最高峰、最難関といわれている臨床心理士の資格を保有していることが挙げられています。これには驚いた方も多いのではないでしょうか。心理系の最高峰、最難関といわれている臨床心理士の資格が受験資格になるレベルの資格なのです。これだけで、准メンタルケア心理専門士が簡単な資格ではないということがよくおわかりになるかと思います。

 

○メンタルケア心理士認定試験に合格するのが最短ルート
メンタルケア心理士の認定試験に合格している方、臨床心理士の資格を保有している方、心理隣接研究・専攻科修士の方のいずれかに該当していれば、准メンタルケア心理専門士の受験資格ありと見なされるわけですが、現時点でこの中のどれにも該当しないという方もいるかと思います。その場合、やはり受験資格を満たすために最短ルートを考えるべきです。
准メンタルケア心理専門士の受験資格を満たすための最短ルートは、やはりメンタルケア心理士の認定試験に合格することです。臨床心理士の資格を取得するには年単位の時間がかかりますし、心理隣接研究・専攻科修士になるのも同じくらいの時間がかかるものです。
メンタルケア心理士の認定試験に合格するということであればそう時間はかかりませんし、何よりも准メンタルケア心理専門士を目指すにあたって必要な知識やスキルもしっかりと身につけていくことができます。メンタルケア心理士の勉強をしてその流れでそのまま准メンタルケア心理専門士を目指すことができますので、非常にスムーズに資格試験を受けられるでしょう。