准メンタルケア心理専門士資格の学習科目と出題範囲

准メンタルケア心理専門士資格の学習科目と出題範囲

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○准メンタルケア心理専門士資格の学習科目について
准メンタルケア心理専門士の資格取得を検討している方にとって、学習科目というのは重要なポイントになってきます。准メンタルケア心理専門士資格の学習科目についてですが、精神医科学緒論、面接技法(カウンセリング技法)、応用生活心理学、カウンセリング技法(心理療法)、精神予防政策学の5つになります。
学習科目が5つというと、ちょうど学生時代のテストを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、学生時代のテストとはまったく異なります。というのも、学習科目自体は5つであってもそれぞれの学習科目をかなり掘り下げて勉強していくことになるのです。
「学習科目5つなら余裕!」と甘く見ていると、痛い目を見るかもしれません。実際に、准メンタルケア心理専門士の資格というのは心理系の資格の中でも上位に位置するものです。5つの学習科目からそれぞれ専門的な知識やスキルが求められますし、しっかりと勉強しておかないとクリアすることはできません。学習科目は5つということに油断していると、その範囲の広さに驚かされることになります。

 

○准メンタルケア心理専門士資格の出題範囲について
准メンタルケア心理専門士資格の出題範囲についてですが、先でお話しした5つの学習科目だけが出題範囲になるわけではありません。というのも、准メンタルケア心理専門士の資格はメンタルケア心理士の上位資格になります。そのため、メンタルケア心理士の分野全般も出題範囲となってくるのです。
メンタルケア心理士の分野全般に加えて、精神医科学緒論では検査学や事例検証、処方せん学について、面接技法(カウンセリング技法)では看護とカウンセリングやコミュニケーション方法、心理アセスメント(調査・査定)などについて、応用生活心理学では発達課題とストレッサーや家庭内心理学、時間的流れから見た心理についてが問われることになります。
さらに、カウンセリング技法(心理療法)では認知療法や論理療法、交流分析などについて、精神予防政策学では社会と人や精神疾患予防に関わる職域、職場における心的環境整備などについての知識やスキルを問われることになります。民間の心理系資格の中でも上位に位置する准メンタルケア心理専門士の資格だからこそ、その出題範囲というのは非常に広くなっているのです。