准メンタルケア心理専門士資格の難易度と合格率

准メンタルケア心理専門士資格の難易度と合格率

○准メンタルケア心理専門士資格の難易度について
准メンタルケア心理専門士の資格というのは、メンタルケア心理専門士の資格とメンタルケア心理士の資格との間にレベルの差がありすぎるということで作られたものになります。まさに、メンタルケア心理専門士ほど難しくなく、メンタルケア心理士よりはレベルの高い知識やスキルが求められる資格なのです。
ただ、難易度という点で見れば、そこまでの難易度ではありません。心理学にまったく触れたことのない方にとってはまさに未知の領域かもしれませんが、少しでも心理学に触れたことのある方であれば十分な手応えを感じられるものです。難易度はどちらかというと低いほうだと考えていいでしょう。
しかしながら、難易度が低い傾向にあるからといってろくに勉強することなく合格できるような資格ではありません。しっかりと勉強し、勉強して身につけた知識やスキルを活かせるようなレベルになっていないと合格は難しいでしょう。難易度に油断することなく、真面目にコツコツと勉強していく姿勢が求められます。

 

○准メンタルケア心理専門士資格の合格率について
准メンタルケア心理専門士資格の合格率についてです。准メンタルケア心理専門士の資格というのは、最近誕生した比較的新しい資格になります。そのため、それより前から存在しているメンタルケア心理専門士では公式サイトでも合格率が発表されているのですが、准メンタルケア心理専門士のほうは公式サイトでその合格率については発表されていません。
ただ、一般的な准メンタルケア心理専門士の合格率は50%を超えていると言われています。近年では59.8%ほどともいわれており、心理系の上位の資格ではあるもののかなり期待の持てる合格率となっています。この合格率であれば、准メンタルケア心理専門士の資格取得のための勉強にもより身が入るのではないでしょうか。
しかしながら、今の准メンタルケア心理専門士の合格率というのは新しい資格だからこそのものでもあります。というのも、一般的にも新しくできたばかりの資格というのは最初のうちは比較的高い合格率を維持するものなのです。特に、准メンタルケア心理専門士は心理系の資格の中でも上位に位置する資格になりますので、これから合格率が落ち着いてくるということも考えられます。逆に言えば、高い合格率になっている今こそがチャンスでもあるのです。