メンタルケアとケアストレスの違い

メンタルケアとケアストレスの違い

○メンタルケアについて
メンタルケアとケアストレスの違いということですが、まずはメンタルケアについてです。メンタルケアというのは文字通り、人のメンタルをケアしていくことを指します。メンタル面でのサポートといっていいでしょう。メンタルケアというのは、現代人にとって欠かすことのできないものといっても過言ではありません。
というのも、家庭内はもちろん、学校や職場などありとあらゆる場所でメンタルに問題を抱えるリスクがあるのです。人というのはお互いに影響されながら生きていくものです。良い影響をのみを受けられるのであればそれが一番理想的なのですが、現実的にはそれは難しく、悪い影響を受けて、結果的にメンタルに問題が発生することもあるのです。
原因はどのようなものであっても問題を抱えているメンタルをサポートしていくのがメンタルケアなのです。問題が起こる前に対処できればいいのですが、実際にはメンタルに問題が起こってからサポートをしていくというケースが多い傾向にあります。このように問題を抱えているメンタルに働きかけていくのがメンタルケアということになります。

 

○ケアストレスについて
先ではメンタルケアについてお話ししました。問題を抱えているメンタルに働きかけるのがメンタルケアなのですが、ケアストレスの場合にはストレスを中心に考えていくことになります。もちろん、ケアストレスでもメンタルのケアというのはおこなっていくのですが、アプローチの仕方が異なってきます。
というのも、人の抱えるメンタルの問題というのは何かしらのストレスが原因になっていることが多いものです。その原因となるストレスへアプローチしていくことによって、より生きやすい状態に持ってくのがケアストレスなのです。簡単に言ってしまえば、ストレスとの向き合い方についてサポートをしていくことになります。
もちろん、ストレスによってダメージを受けているメンタルのケアもおこなっていきますが、そもそもストレスでダメージを受けないような方向へと持っていくのがケアストレスなのです。同じストレスでもダメージの受け方は人によって異なってきます。それはストレスというものとの向き合い方や受け取り方が違うからです。ストレスでメンタルにダメージを受けないような向き合い方や受け取り方を伝えるという形でサポートしていくのがケアストレスということになります。