TERADA医療福祉カレッジのメンタルケア心理士講座の特長

TERADA医療福祉カレッジのメンタルケア心理士講座の特長

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○電話でのロールプレイングも可能
TERADA医療福祉カレッジのメンタルケア心理士講座の特長ということですが、まず挙げられるのは電話でのロールプレイングです。TERADA医療福祉カレッジのメンタルケア心理士講座に限ったことではないのですが、通信講座となるとやはり自分ひとりで勉強していくような部分が多くなってきます。
テキストやDVDを見ながらの勉強ももちろん大切ではあるのですが、特にメンタルケア心理士のような心のケアに携わっていく勉強をするのであれば、ロールプレイングは必須です。TERADA医療福祉カレッジのメンタルケア心理士講座であれば、通信講座でありながらも電話でのロールプレイングが可能となっているのです。より実践に近い形で勉強を進めていくことができるのです。
もちろん、電話でのロールプレイングだけではなく、メールやFAX、郵送での質問も可能となっています。わからないことをすぐに解決させることができるだけではなく、実践さながらの学習が可能となっていますので、こういった部分はまさにTERADA医療福祉カレッジのメンタルケア心理士講座における特長であり、魅力でもあります。

 

○DVDでより効率的に勉強ができる
通信講座の場合、テキストのみを提供するというところも少なくありません。確かに、内容の充実したテキストであれば十分役立ってくれるかもしれませんが、やはりテキストの文字を追うだけの勉強では途中で集中力が切れてしまうものです。また、勉強にあたってのモチベーションが上がらないということもあるかもしれません。
しかしながら、TERADA医療福祉カレッジのメンタルケア心理士講座であればテキストだけではなくDVDも付属していますので、より効率的に勉強を進めていくことができるのです。メンタルケア心理士講座では非常に幅広い分野について勉強することになります。そういった中でポイントを押さえたDVDがあると、心強い味方にもなってくれるのです。
文字を追うだけよりも動画として見たほうが覚えやすいという部分もあるでしょう。実際にライブでの講義を通信教育として収録していますので、通信教育でありながら実際の講義を受けているような感覚にもなるでしょう。実際の講義を受けられない何かしらの事情があって通信教育という方法を選択している方にとっては、非常にありがたいことなのではないでしょうか。まさに一石二鳥の通信教育なのです。