メンタルケア心理士はトリプル認定で評価が高い

メンタルケア心理士はトリプル認定で評価が高い

○メンタルケア心理士のトリプル認定について
メンタルケア心理士というのは、世の中に数多く存在する民間の心理系資格のひとつです。しかしながら、メンタルケア心理士にはひとつ大きな特徴があります。それはトリプル認定を受けているということです。というのも、メンタルケア心理士の資格というのは3つの団体から認定を受けているきちんとした資格なのです。
3つの団体から認定を受けているメンタルケア心理士の資格ですが、具体的には日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会、一般財団法人 生涯学習開発財団、一般財団法人 ヘルスケア産業推進財団からの認定を受けています。どの団体も権威のある団体だからこそ、トリプル認定が特徴にもなってくるのです。
メンタルケア心理士の資格というのは、将来的に心理系の分野で活躍したい気持ちを持っている方が多く取得するものです。日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会、一般財団法人 生涯学習開発財団、一般財団法人 ヘルスケア産業推進財団の3つの団体は、心理系の分野に関わりの深い団体でもあるのです。

 

○トリプル認定だからこそメンタルケア心理士は評価が高い
日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会、一般財団法人 生涯学習開発財団、一般財団法人 ヘルスケア産業推進財団という3つの団体から認定を受けているメンタルケア心理士の資格ですが、このトリプル認定があるからこそメンタルケア心理士という資格が評価されているという部分もあるのです。
というのも、心理系の民間資格には実にさまざまなものがあります。「〜認定」とは謳っているものの、認定している団体にろくな実績がないということもあります。実は、心理系の資格できちんとした団体から認定をもらっている資格というのは少ないのです。だからこそ、きちんとした権威ある団体からトリプル認定をもらっているメンタルケア心理士の評価が高いのです。
心理学というのはどのような分野にも通ずるような曖昧さがあります。そのため、心理系の資格の中でも曖昧な部分はありますし、資格そのものが曖昧になっているものもあるのです。そういった中で権威ある団体からトリプル認定を受けているメンタルケア心理士の資格というのは、他の心理系の資格とはまさに格が違うと言っても過言ではないのです。だからこそ、メンタルケア心理士が高く評価されているのです。