メンタルケア心理士

メンタルケア心理士はみんなが欲しがる資格

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

心理カウンセラー関係の資格について調べてみると、たくさんの種類の資格があることに驚かされる人も多いでしょう。いずれも名称が似通っていることもあり、「違いがわかりづらい!」ということもあるかもしれません。
初心者向けの資格や受験資格を要する資格まであり、資格によって学ぶ内容もさまざまですが、ここではメンタルケア心理士についてご紹介します。

 

メンタルケア心理士の特徴

 

メンタルケア心理士とは、「相談援助」の知識を持った心の健康アドバイザーのこと。
通常のカウンセリング技術のみにとどまらず、身体と心の密接なかかわりに着目し、神経や脳、その他体の各器官、身体と神経症・精神症状との関係、薬剤についての一定の知識を習得します。

 

こうした幅広い知識と多角的な観察眼を活かし、心理カウンセリングを行うことこそが、メンタルケア心理士の強みであり仕事の中心です。解剖生理学、精神医科学、カウンセリング技法と、広い視野を持って体系的に心理学を学べるだけでなく、学術学会の後ろ盾があり、通信課程で受験ができる認定資格は、数ある心理資格の中でも極めて貴重な存在です。

 

ジョブ・カード認定資格

 

メンタルケア心理士は民間資格ですが、「ジョブ・カード」という厚生労働省に認定された資格に該当します。ジョブ・カード制度に認定された資格は、一定の職業能力があることを示すため、公的に認められた資格を取得したと証明できます。つまりメンタルケア心理士は、国の省庁の一機関というしっかりとした後ろ盾があるのです。

 

カウンセラーを目指している方はもちろん、カウンセラー以外の対人援助職を目指している場合でも、心理学を学んだことを有効に示すことができるでしょう。取得すると内閣府認証設立である医療福祉情報実務能力協会、および財団法人生涯学習開発財団の認定証書が送られます。

 

心理カウンセラーを目指す初学者に最適

 

数あるメンタルケア資格の中で、初心者向けの資格は数多く存在します。しかし、実際に心理カウンセラーとして働くとなった場合、ある程度のレベルの資格を取得していなければ成功は難しいでしょう。

 

メンタルケア心理士は、医療・福祉・教育・産業・公共サービスといった、幅広い場面を想定したプログラムで、カウンセリングの基本技法の他、精神医科学や精神解剖生理学など本格的な内容を学びます。
保有していれば即戦力とみなされる可能性が高く、幅広い施設での起用や独立開業をねらうことが可能です。

 

受講期間や受講料、そして実践的な度合いを鑑みても、メンタルケア心理士講座の受講は、心理カウンセラーを目指す上で重要な一歩であるに違いありません。

 

通信講座なので忙しい人も安心

 

近年、メンタルケア心理士の取得を目指す人は増えていますが、その要因の一つは、メンタルケア心理士が通信講座と在宅試験で取得できる点にあります。通信講座で受験勉強を進めることができるので、決められた時間にスクールに通う必要はありません。

 

また、遠方に住んでいて試験会場まで来られない方、身体が不自由な方、子育てに忙しい方でも、在宅受験であれば容易に試験を受けることができます。試験中はノートなどを参照できますので、ポイントを押さえて理解しておけば暗記の必要はありません。

 

メンタルケア心理士の仕事内容と活躍の場

 

メンタルケア心理士は、医師や看護師などの医療従事者とともに、クライアントの健康を取り戻すための認定試験です。そのため、通常のカウンセラーよりも医療・福祉分野における活躍が期待できます。

 

また、医療とは全く関係のない環境で、その資格を生かすチャンスもたくさんあります。近年においては働く人々のコンディションを慮り、社内に相談室を設けたり、専門の人事担当者を配置するケースが増えています。こうした場面で、信頼性の高いメンタルケア心理士は優遇されるケースが多く、従来の医療従事者とは違った専門家として、その活躍に注目が集まっています。

 

こうしたビジネスシーンの他、学校や児童相談所など、どのような場面においても精神的な問題を抱える現代において、メンタルケア心理士の活躍する分野は今後も増えていくことでしょう。メンタルケア学術学会に入会していれば、Webサイト製作依頼などの就業支援もありますので、個人開業も夢ではありません。

 

メンタルケア心理士になるには

 

試験について

 

メンタルケア心理士の資格試験は年4回開催され、通常であれば7月、9月、12月、3月に行われます。受験者は試験日の1〜2カ月前から、願書や手続きの準備しておく必要があります。受験料は7,700円となっており、選択問題と記述試験に分かれています。いずれも在宅試験となり、分野は心理学から医学、薬学について問われるので、心理学を一通り学んだ方も勉強は必須です。

 

公式の発表によると、合格率は例年40%前後です。資格試験の合格率としては少し低めとなっていますが、受験者の制限が比較的緩く設定されており、あまり勉強をしないまま受験する人が多いことが要因のひとつとして挙げられています。

 

受験資格

 

メンタルケア心理士の受験資格を得るためには4つの方法があり、この中から1つ以上の条件を満たしていれば受験できます。
?認定されたメンタルケア心理士講座を修了していること
?認定心理士の資格を保有していること
?産業カウンセラー初級の資格を保有していること
?文部科学省が定める4年制大学の心理学部及び学科を卒業していること

 

つまり、心理学部及び学科の4年制大学を卒業していなくても受験資格となる資格を持っていなくてもこれからメンタルケア心理士講座を受講し、修了すれば受験できるのです。「メンタルケア心理士講座」の受講期間は約4カ月です。こちらは無資格でも受講できる通信講座です。受講が終わり次第、修了証書と受験料、願書を準備すれば受験に望むことができます。在宅試験は持ち込み可能試験となりますので、知りたいことが速く調べられるよう、あらかじめ準備しておくと有利になります。

 

資格取得後のスキルアップ

 

資格取得後に入会できるメンタルケア学術学会では、定期的に学術学会が開催され、研究発表や情報交換などを行うことができます。また、心理学の分野での社会貢献が評価されると、まれに学会理事会によって「認定プロカウンセラー」に審査されることもあります。

 

さらにカウンセラーとしてのレベルアップを望む方は、上級資格として指定されている「メンタルケア心理専門士」に挑戦しましょう。合格率2割強という難関試験ですが、メンタルケア学術学会が勉強の場として活用できます。
さらに、福祉業界で働きたいなら介護福祉士、児童に関わりたいなら児童福祉司や介護福祉士といった、心理以外の周辺資格を取得することで、新たな刺激を受けることもできるはずです。