メンタルケア心理士のよくある質問

援助するための3つの大前提

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

1、 クライアントが「何を言っているか」ではなく、「何を言わんとしているか」を理解できなければならないということ
2、 コミュニケーションには内容とプロセスという2つの側面があり、それらを統合してこそ理解が進んでいくということ
3、 人を理解する場合、部分だけ理解しても役に立たない。

 

基本的な2つのカウンセリング理論
クライアントを理論するための理論
1、 パーソナリティ論、つまり性格形成に関する考え方は、その人の問題、病状を理解する手立てになる同時に病理論も必要となってくる
クライアントの悩みや問題がどのような理由、状況 で起こってくるのかを知っておかなければならないということ。
2、 カウンセリングの方法論
カウンセリングには問題や悩みを解決したり、パーソナリティの成長を手助けしたりする方法論が必要であるということ。