メンタルケア心理士

代表的な心理療法を知ろう

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

カウンセリングの場で活用される心理療法には200を超える理論や方法があると言われています。
いずれもさまざまな文化的・社会的な背景をベースに生まれた理論ですから、その多くを知れば実践に活かせる幅は広がることでしょう。
それらを全てマスターする必要はありませんし、自分の属する、または共感できる理論以外を否定すべきものでもありません。
ほとんどの理論では、クライアント自身が自分で解決することが最善であると考えます。

 

精神分析療法
フロイトによって創始された治療法で、古典的精神分析と呼ばれ、カウンセリングの世界に大きな影響を及ぼしています。
その基盤には、もともと本能のかたまりである人間が、だんだんと理想的な存在になっていく、その過程が発達であるいう考えがあります。

 

精神分析療法では、クライアントの無意識の領域に抑圧された本能的な部分を解放することで意識化して、正常な精神活動に転換することを治療の目的とします。
クライアントに思いついたことを自由に話してもらい、言語化されたものを解釈する自由連想法、クライアントが見た夢を分析する夢分析などが、その代表的な技法です。この療法は時間と費用が掛かると言われています。