メンタルケア心理士

精神分析療法について

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

フロイトによって創始された治療法で、古典的精神分析と呼ばれ、カウンセリングの世界に大きな影響を及ぼしています。
その基盤には、もともと本能のかたまりである人間が、だんだんと理想的な存在になっていく、その過程が発達であるいう考えがあります。

 

精神分析療法では、クライアントの無意識の領域に抑圧された本能的な部分を解放することで意識化して、正常な精神活動に転換することを治療の目的とします。
クライアントに思いついたことを自由に話してもらい、言語化されたものを解釈する自由連想法、クライアントが見た夢を分析する夢分析などが、その代表的な技法です。この療法は時間と費用が掛かると言われています。

 

ゲシュタルト療法
ゲシュタルトとは全体、統合、形態という意味のドイツ語です。クライアントを統合され成熟した全体像ととらえる療法です。

 

心理学者であり、精神科医であるフレデリック・バールズが提唱した理論がもとになっています。
すなわち人間はさまざまな要素を足し算して集めたものではないとして、
知覚や認知も部分の総体でなく全体としてまとまりを作っていると考えています。
この療法では、役割演技の技法が用いられ
、クライアントが自分の様々な部分、不満を持つ自分、それを非難する自分などを演じていきます。
そうして思いがけない自分に気づき、豊かな人格像に近づくことができるのです。