メンタルケア心理士

ゲシュタルト療法の一例について

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

ホットシート
椅子を用いて、その上にイメージの中の他者や自己を座らせて対話する技法

 

未完の行為
やりたくてやれなかったことをやってもらう。
両親のいない人に「お父さん」「お母さん」と呼ばせるなど。

 

ドリームワーク
夢の中の登場人物や事物になりきって「今、ここ」で再現し、その気持ちを語る。

 

発言内容と正反対のことを言う。
「私は気が小さい」と言うクライアントに、「私は気が小さいです」と何回も言わせ、自分の反動形式に気づかせる。

 

できないことをする
「人前では話せない」という人に。「今からあなたは人前でも平気でおしゃべりできる人間を演じてください」とロールプレイさせる。

 

トップ&アンダードッグ
「ねばならない」自分と「〇〇したい」自分を対話させる。

 

行動療法
明確な創始者はいませんが、心理学者のアイゼンクが行動療法という名称を広めたと言われています。

 

ヲルビ、スキナー、バンジューラ、ベックなども有名な行動心理学者です。

 

背景にある学習理論では、人間は生まれたときは白紙の状態であり、成長の過程でいろいろと色付けされていくと考えます。
行動療法においてはクライアントの心理状態に働きかけるよりも、行動の変容を治療の目的としています。
心理面にほとんど注目しないという点で心理療法の中では特殊であるといえます。
行動療法の理論モデルには新行動SR仲介理論モデル、応用行動分析モデル、社会学習理論モデル、認知行動療法モデルなど、複数存在します。
さまざまな理論モデルから考察された技法をいくつか紹介しましょう。

 

系統的脱感作法
不安や恐怖といった感情は誤った学習の結果であると捉え、それらに結抗
する反応を新しく段階的に学習させることによって、ネガティブな感情を消去することを目的とする技法。

 

フラッディング法
クライアントが恐怖や不安を感じる場面にいきなり直面させ、実際には何も起こらないことを理解させる技法。

 

トークンエコノミー法
トークンとは代用貨幣のことをいう。目的行動に対して適切な反応をクライアントがした際、報酬としてトークンを与え、望ましい行動が起きる頻度を上げる技法。

 

バイオフィードバック
クライアントの心拍数・脳波・体温・血圧などの生理的な活動を、装置を用いて測定し、その数値をクライアントにフィードバックすることにより、自分でコントロールできるようになることを目的とする技法。心身症やストレスの緩和などに有効とされている。