メンタルケア心理士

代表的な心理用語について

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

家族療法
家族療法はシステム論を基盤とした新しい理論的枠組による療法で、家族をひとつのまとまりとみなして個人ではなく、家族システムそのものを対象とします。
家族システムが機能不全に陥っているため、最も感受性の強いメンバーの問題行動や症状が起きていると考えるのです。
例えば、子供が不登校になったときに、従来の伝統的な個人精神療法ならば、子供個人を対象にして関わります。
家族の人間関係そのものに問題がある場合があるので、家族の各メンバー同士の相互作用に焦点を当てていくのです。
この不登校になっている子供のように、病状や問題を抱えた家族のメンバーはipと呼ばれています。
Ipがゆがんだ家族システムの犠牲になっているおかげで、家族内の均衡がや持たれているとみなすのです。
Ipの問題行動や病状は過去に起因するという直線的な因果関係でなく、様々な因果関係が連鎖的に繋がっているという円環的な因果関係からipの問題行動などを捉えます。
したがって、過去よりも現在を、内容よりもプロセスの方を重視します。

 

来談者中心療法
臨床心理学者ロジャーズの理論です。
人間は誰でも豊かに成長する資質を持っていて、日々の生活はその成長へ向かうものとする考えです。
段階的に発展していった理論なので、クライアントが成長する力を重要視していた初期の頃は「非指示的療法」と呼ばれていたこともあります。
彼はカウンセラーに必要な態度は、@自己一致、A無条件の肯定的尊重、B共感的理解としました。それぞれについて詳しく説明しましょう。

 

@ はそうあるべき自分である「自己概念」と、あるがままの自分である「自己経験」が一致している状態のことを指し、健全なパーソナリティの状態であるとされます。
まずは心理カウンセラーが健全な状態であるいることが必要であるとされます。
A はクライアントの良い面もそうでない面も無条件に受容し、ひとりの独立した人間として認めることをいいます。
クライアント自身が自分のことを認められないことがあるからです。
B はクライアントの主観的な世界を、カウンセラーがあたかも自分が感じているかのように感じることを言います。
そうしながらも完全には巻き込まれないようにして、感情の反映をすることで、クライアントが自分自身の感情の動きを理解できるように促すことを目的としています。
以上の3条件に加え、「傾聴」することを最重視しました。

 

信頼関係が形成されればクライアントはおのずと自分の内的な世界を語り始めると考えたのです。

 

カールユング・意識と無意識
精神分析といえば、フロイトが有名ですが、弟子であるユングを取り上げないわけにはいきません。
彼の理論は難解ですが、それは創世紀ゆえの概念や理論の返還のためと言われています。ユングは初め、フロイトの愛弟子として大変期待されていました。しかし、心のエネルギーである「リビドー」の概念への考え方の違いから、数年で離反してしまいました。リビドーをフロイトは性的なものに限定したのに対し、ユングは心的エネルギーそのものであると考えたのです。
また、無意識の考え方も大きく違っていました。
無意識は意識と対立する関係にあることをフロイトは強調したのですが、ユングはむしろ無意識は意識の母胎であり、自室的なもの
であるとかんがえました。
さらに無意識には、個人的な層(個人的無意識)と人類共通の普遍的な無意識の層(普遍的無意識・集合的無意識)の二つの層があると仮定しました。
この普遍的(集合的)無意識の中には心の元となる元型が存在すると仮定しました。これは、人類が共通にもっているイメージを生み出す「もと」となるものです。
ユングはアーキタイプが異なる文化の下であっても人類に共通する特徴であることを調べるため、北アメリカ大陸の原住民であるネイティブアメリカンの村を訪ねたり、アフリカ、アジアなど世界各地を回ったりしました。
その結果、「人間を分類することは無意味なことであり、類型論は人を知る上で単なる手がかりにすぎない」という答えにたどり付いたのでした。