メンタルケア心理士

心身の発達に関する用語

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 心とうまく付き合っていく方法を習得する講座

 

愛着
とくに幼児期までの子供と育てる側との間に形成される母子関係を中心とした情緒的絆のこと
具体的行動としては、愛着を抱いた対象への接近や接触、後追い行動、微笑、発声、泣き行動などがある。
子供の愛着行動に母親が適切に応答すると母子間には安定した情緒的な関係が成立し、基本的な信頼関係の形成の基礎となる。

 

アイデンティティ
「自我同一性」または「自己同一性」と和訳される。
青年期は身体的な変化に加え、自己に目覚める時でもあり、変化が激しい時期。また自立を志すが、社会的な経験が不足していて一人前とは認めてもらえない。

 

エリクソンはこのような青年期の発達課題としてアイデンティティの概念を提起した。この時期に自分とは何か、つまり「自分はどんな人間で、将来どんなことがしたくて、自分の生きている意味は何か」ということを考え、、その結果、自分らしさを獲得することが大切であるとしている。
また、自我の同一性の確立過程で、一時的に自分が何者か、将来どうしたらいいのか分からず、模索している状態のことを「アイデンティティの拡散」と呼ぶ。
一人前の大人としての役割が見つからないので、「自分とは何か」などの疑問が出てきて、葛藤が起き、自分を一つに統合できない状態を指す。
高学歴社会の今、このような状態の青年が増えている。

 

アダルトチルドレン
夫婦喧嘩が絶えない過程、親がアルコール中毒者である家庭など精神的に不安定な環境で育ち、いわゆる子供らしい時代を過ごせなかったという意味でその人を「アダルトチルドレン」という
大人になっても自分の気持ちを上手く表現することができないのが特徴で、泣きたい時に泣くことができず、抑圧された感情が怒りとなり急に爆発することなどもある。
また、親などを信頼することができない子供時代を送ったため、他人に対して不信感を持ちやすく、必要な援助や助けを求めることが不得意である。他には孤立感、無気力、過剰反応、自己評価の低さが挙げられるが、「アダルト・チルドレン」は病気でも医学用語でもない。感情を上手く表現できず、周囲に気を遣い生きづらくなっている状態のことを指す。
アダルトチルドレンとは、そうであることを自らが認め、自分を育てていくための努力をするという肯定的な意味を持った言葉でもある。

 

ギャングエイジ
小学校の中学年から高学年頃にかけて、子供達は急速に仲間意識が発達し、多くは同年齢の児童と閉鎖的な集団(ギャング)を作って、そこで遊びや活動をすることを喜びとするようになる。
この仲間は、家族以上に大きな影響を持つものであり、大人から干渉されない自分たちだけの集団であることをのぞんでいる。

 

ホスピタリズム
母親から離れて乳児院や養護施設で育った子供に見られる、心身両面にわたる障害のこと。
母親から離れて乳児院や養護施設で育った子供に見られる。心身両面にわたる障害のこと。
母親の愛情を絶たれた子供は、始めはあらゆる人にすがりつこうとするが、次第に発達が停止してきて無気力状態から最終的には自閉状態に陥る。病気にもかかりやすく、またいったんかかってしまうと治りにくいという身体的変調もきたす。

 

レディネス
ある特定の事柄を学習するには、学習者が一定の発達を遂げていることが必要であるが、そのような学習成立のための準備性のことをいう。
例えば、書き言葉を学習するためには話し言葉が十分に発達していることが望ましく、この場合話し言葉は書き言葉の学習のレディネスといえる。