メンタルケア心理士

心における様々な状態・病状

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

うつ病
ストレスの多い現代社会の中で現代病のひとつとされているのがこの「うつ病」
20人に一人がうつ病に掛かっていると言われている。
まじめで、責任感の強い、几帳面で、仕事熱心な人がうつ病になりやすいとも言われている。
そのような人が、ストレスの多い環境や急な生活環境の変化などに上手く対応できず、病気になるとも考えられる。
うつ病の病状には、夜中に何度も目が覚める、熟睡できない朝早く目がさめるなどの睡眠障害、体がだるい、食欲低下、頭痛などの身体病状、気分が憂鬱、悲しい、不安でたまらないなどの気分・感情の障害、意欲がなくなる、物事がおっくうになる、興味・関心がなくなる喜びを感じなくなるなどの意欲の障害、悲観的になる、自分を責める、自分がダメな人間に思えるなどの、判断力の障害、動作が鈍くなる、身の周りのことができなくなる、自殺企図などの行動の障害がある。
原因には、脳の機能障害や、ストレスや環境要因などがある。
うつ病は脳内の神経伝達物質の働きが悪くなることから起こる疾患で、決して気の持ちかたや精神論で治るものでなく、的確な服薬などが必要である。

 

強迫性障害
嫌な思考、心的イメージ、言葉などが何度も繰り返して意識に上り、それらを認めながらも、気にすまいとすればするほどますます強い不安や嫌な思いを伴う状態に陥る。
このような、繰り返し意識にのぼる観念を「強迫観念」といい、それを払拭するために儀式的な行為(強迫行為)をする。例えば暇さえあれば手を洗う、鍵をかけたかどうか何回も確かめる、本をアイウエオ順に並べる、あるものがしかるべきところにないとき、きっちりと直すなどといった行為を指し、これらの行為で不安感は軽減されるが、この行為自体が苦痛になる。いずれも本人が自覚しているという点で、精神病とは区別される。
アメリカでは人口の2%に見られると言われ、生活に支障をきたさなければ珍しい病状ではない。

 

 

心的外傷後ストレス障害:PTSD
障害や虐待、レイプや交通事故に被害者、殺人被害者の遺族、自然災害の被災者などの体験が原因となって現れる精神的後遺症
上に挙げた自らの処理能力を超えるような強烈な体験をした場合、心はその体験から自らを守るために、嫌な記憶を冷凍してしまう機能を持つ。
とりあえず、忘れ去られた記憶は時間の経過とともに、変化することなく、眠っている。
しかし、時間が経過した後に何らかの理由で冷凍されていた記憶が解けた場合、非常に生々しい形で心の中に戻ってくる。
病状は激しい恐怖感や無力感、悪夢やフラッシュバック、感情が萎縮することによる極度のうつ状態、睡眠障害、集中困難、過度の警戒心、生理的反応など。
主な治療法としては、グループ心理療法が上げられる。
同じ事件の被害者、同じ境遇の経験者がグループになってその体験を語り合い、自分の病状を客観的に見ることができるよう訓練する。
フラッシュバックがPTSDの疾患による現象だと認識し、その病状に悩んでいるのは自分だけではなく、またそれが特殊なことでもないということでもないということを知ることで、孤独感が軽減する。

 

性同一性障害
オス・メスのような生物学的概念としての性(セックス)に対し社会の文化の中で後天的に獲得してゆく性を「ジェンダー」という。
本人が自分のジェンダーに確信が持てなかったり、反対の性に同一感を持ったりする場合を、性同一性障害という。
埼玉医科大学で性別適合手術が行われてから、一般にも知られるようになった、必ずしも正しく理解されているとは言えない。
多くは幼少から特徴が出始め、小時期は男児が男児が人形遊びを好んだり、女児が粗々しい遊びに講じたりする。思春期に現れる性同一性障害は自分の性に不信感を持ち、異なる性(同一感を持つ性)の服装をする人もいる。同性愛とは区別される。

 

 

 

パニック障害
様々なストレスなどの心理的要因が主な原因とされている。
突然、心拍数が上がり全身が緊張して冷や汗をかき、気が早くなる状態になり、自分はこのまま気が狂ってしまうのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖に陥る。
とくに発作が多く見られるのは電車などの乗り物で、また発作が起こるのではないかという恐怖(予期不安)で、電車に乗れなくなったり、一度、発作が起きた場所へは行けなくなったりすることがある。
パニック障害は、かつては「心臓神経症」や「不安神経症」と呼ばれていたが、
1980年にパニック障害に統一するという世界的な取り決めが行われていた。
アメリカでは100人に3人の割合で発症しており、日本でもほぼ同率の患者がいると考えられている。今後、パニック障害に対する認識と理解が深まってくれば患者数はさらに多くなると考えられている。

 

微笑みうつ病
サラリーマンの職場環境が依然として厳しいことを映すように、増加傾向にあるのが「微笑みうつ病」といううつ病の一種の心の病。午前中はぼーっとして集中出来ず、午後からは頑張って働く。話しかけると、ニコニコと異様に愛想が良く、元気そうに振る舞うが実はそれは苦しくうつな状態を周囲に隠そうとする行為である。このような状況が続いた場合、蒸発や自殺という最悪な結果を招くことにもなりかねない。寝起きが悪い、食欲不振、眠れない、午前中集中出来ないほどの前ぶれがあったら、専門医の診断を受けることが大切。

 

外向性・内向性
ユングは人間のエネルギーは外界と内界に2方向に向かっていてそれぞれ外方向、内方的な性格に分けられると考えた。
この性格類型は向性検査による指数で判断できる。
外向的な人は明るく積極的に見え、内向的な人は控えめで慎重派に見えるが、内向性を短所ととらえるのは誤りである。ユングによれば、誰でも外向性と内向性の両方を持っていて時としてどちらかが極端になると無意識に他方が調整しているのである。