メンタルケア心理士

様々な職種の心理職について

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 心とうまく付き合っていく方法を習得する講座

 

 

※教育分野の心理職
新風を送るスクールカウンセラー
主に小・中・高の学校現場で、児童・生徒や保護者にカウンセリングをしたり、コンサルテーションを通して先生のサポートをしたりする心理職がスクールカウンセラーです。
文部科学省は臨床心理士の資格を持つことを条件として上げていますが、地域によっては学校心理士の資格でよいところもあります。
また、資格がなくても大学院で心理学を専攻して臨床経験が2年以上と、学歴と経験が条件であるところもあります。
最近は、導入時よりも現場のニーズに合った資格条件となってきてるようです。
スクールカウンセラーとは別に、学校内に設けられた相談室で、児童・生徒を対象に相談にのっている相談員もいます。
この相談員は各自治体から派遣されているもので、とくに必要な資格・条件はありません。各自治体の広報に募集要項が掲載されることがあるので普段から注意をしておく必要があります。
※求められる姿勢とは
まずは児童・生徒のことをよく理解しようとする姿勢が必要でしょう。
そして、自ら学校に働きかける行動力も求められます。
せっかくのシステムもカウンセラーや相談員が、相談室内でじっとまっているだけでは意味がないのです。
学校での相談内容で多いのは、学業相談、適応相談です。とくに適応に関する相談では軽度なものから重度なものまであります。
内容によっては学校内だけでなく、保護者、児童相談所、病院、家庭裁判所など外部機関との連携も必要になってきます。
つまるところ、学校内だけでなく、学校を取り巻く環境も見据えてサポートする姿勢が求められると言えます。
※教育委員会に敷設する教育相談所

また、公立の教育相談所や教育センターでは、児童・生徒本人と保護者を対象に、子供に関する様々な相談を受けています。
そこでは心理の専門家や教育現場経験者などが働いています。
公務員試験による採用が一般的です。
司法分野の心理職
更生につなげる道
犯罪者や非行少年に、面接、観察、保護、検査などを行い、それらのサポートを通じて社会復帰を目指すことを職務とする分野です。
一般社会では問題とされる彼らの行動の背景にある心理、家族、環境を見極めてどうしたら更生につなげれるかを考えます。犯罪は凶悪化し、
特に未成年者の犯罪は増加傾向にあり、カウンセリング技術だけでなく、犯罪心理学の知識も必要となってきます。
さまざまな職場と職種
家庭裁判所の「家庭裁判所調査官」、「少年鑑別所」、少年院、刑務所の法務技官、などが主な職種になります。
福祉、公正衛生分野の心理職
関わりが長期間に分類される施設には児童相談所、児童養護施設、精神保健福祉センター、老人福祉施設、リハビリテーションセンター、知的障害者援護施設、女
性相談センターなどがあります。
福祉関係の仕事は、心理判定、カウンセリング、訓練指導の3つです。
訓練指導では理学療法士、ソーシャルワーカーと連携して治療、教育、保育、生活指導を行います。
児童が対象の場合は学業も含めて、養教と治療と保育と教育を合わせて行っていくことが求められます。

ちなみに児童相談所は行政機関で児童養護施設を管轄しています。
女性相談センターの役割
諸事情で生活の場を失った女性、DVで心身に傷を負った女性たちが緊急に避難する施設です。
電話や来所での相談にも応じています。