メンタルケア心理士

公衆衛生・産業分野の心理職について

※衆衛生で問われる専門知識
保健所や精神保健福祉センターでは心理職、医師、看護師、その他の専門職が連携して、地域の住民の健康を管理しています。
保健所での地域住民からの電話によるカウンセリングも普及してきました募集する職種は相談委託員、ソーシャルワーカー、不登校専任相談員、非常勤職員、福祉職、心理職、児童自立支援専門員、福祉行政職、心理判定員などの名称になることがあります。
産業分野の心理職
※働く人の心の問題を援助
企業で働く人の心身の健康作りをサポートします。
職場に保健室や医務室がある場合、そこにカウンセリング施設が併用されていたり企業に付属する診療所所などが担当したりすることがある。
最近では、カウンセリング会社と提携・委託して相談を受けられるようにする方式が多く見られるようになります。
仕事以外の相談が増えている、
近年は社会の変化がめざましく、どんな職業においても常にその業界での最新の知識が求められるようになっています。
そのような変化の速さについていけず、心身ともにまいってしまう人も増えています。誰か一人がダウンすればその職場全体に大きく影響します。
ひとつの職場の生産性が落ちれば組織全体にも影響を及ぼします。
ですから、心の病の予防、早期発見は必須なのです。
最近の相談内容は自分の事だけでなく、子供の教育、老親の介護などもあり、産業カウンセラーには限らない、より広い守備範囲が求められてきているようです。
※相談業務以外にも
産業カウンセラーの業務は、労働者の悩み事を聴くなどの相談業務以外にもメンタルヘルスの啓発活動の講演をしたり、職場内の人間関係の開発援助を行ったり、労働者個々のキャリア形成を援助したりすることなどがあります。

終身雇用から派遣雇用へ形態が変わってきた不安定な時代では、ますます個人のキャリア形成を援助したりすることなどがあります。