メンタルケア心理士資格取得後の仕事や活躍

メンタルケア心理士資格取得後の仕事や活躍

○メンタルケア心理士の仕事や活躍について

 

メンタルケア心理士は特許庁登録商標資格であり、悩みを抱えている人の心の健康を保つための健康アドバイザーと言える人です。
メンタルケア心理士の就職先によってメンタルケア心理士の名称も異なってきます。
まず就職先は学校内や企業内の相談室や児童相談所、精神科や心療内科などの医療機関、心理クリニック、医療福祉施設、教育相談所などがあります。
また、大学で心理学を学んだ人もそうでない人でもヒューマンアカデミーたのまな講座なら気軽に心理学の勉強を始められます。
色々な悩みや問題を抱えて社会的適応不全に悩んでいる人のメンタルケアをする医療機関などの就職をする場合、
 名称は心理カウンセラーとなります。メンタルケア心理士の中でも皆さんが最も聞いた事があるのはこの心理カウンセラーではないでしょうか?
次に教育機関や児童相談所などに就職をして、児童や生徒のカウンセリングをする場合、名称はスクールカウンセラーとなります。
子供の悩みを聞いて解消するだけではなく、生徒の潜在的な問題などの解消をするのもスクールカウンセラーの役割となっています。
次に企業内相談室などに就職をして、従業員の対人関係や問題などの解消をする役割を持っている場合、産業カウンセラーとなります。
相談者の精神的な悩みや会社における問題に取り組めるように耳を傾けるのが仕事内容となります。
就職先によって名称は変わってしまいますが、相談者の悩みや問題を解決するためのサポートをするのは変わりません

 

○ メンタルケア心理士の主な就職先として
医療福祉関係、学校関係、企業(営業、販売、総務、労務、人事)などがあります。
また、カウンセリングルーム開設、インターネットを通じてのメール、電話カウンセリングを行う場合もあります。
たのまなのメンタルケア心理士グに関する様々な講座は、資格取得後どのように活かすことが可能なのでしょうか。

 

カウンセラーを目指している方
自分自身のスキルアップを目指している方
保育、教師、講師、トレーナーなど、人の成長を援助する方ビジネススキルをアップさせたい方
仕事における部下と上司の関係を改善したい方
子育て育児に生かしたい方
コミュニケーション力をアップしたい方

 

ヒューマンアカデミーで取得できる資格は、全て民間資格であり、取得により特定の
仕事に就職
できるものではありません。
上記をみてもわかるように、現在従事しているお仕事でのスキルアップ、
人間関係の改善を目的とされる方にお勧めの講座となっています。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。