メンタルケア心理士のポイントとは?

メンタルケア心理士のポイントとは?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○メンタルケア心理士のポイントとは?
公的機関の認定資格
メンタルケア心理士の資格は、メンタルケア学術協会という公的機関の認定資格です。一般財団法人ヘルスケア産業推進財団の認定も受け、一般財団法人生涯学習開発財団とあわせて3団体の認定資格となっています。認定する団体が多いということは、信頼性が高いということではないでしょうか。

 

全国一斉統一試験
メンタルケア心理士の認定試験は、全国一斉統一試験を実施しているため、合格者のレベルの信用性は非常に高いと言えるでしょう。
そこで、大学、短大、専門学校などでも、メンタルケア心理士の認定試験を導入しているところがあるようです。

 

臨床心理学が主な学習範囲
指定講座の主な学習範囲は臨床心理学です。現代の心理学に至るまでの歴史や、神経、脳、心、からだと精神症状の関係を通して、
心理学を臨床的に紐解いていくことにより、カウンセリングの初歩からカウンセリングの知識を活用する力が身につきます。
メンタルケア心理士のたのまなの講座では豊富な知識と専門的な講師による協力なバックアップがついているため、幅広い心理学に対して、全面的にバックアップしてくれます。
これから、学科試験において重要なことを話したいと思います。

 

○学科問題において重要なこととは?
1、試験範囲から偏りなく出題されている。
2、実は100個の文章を読まなければならない。
3、テキストに慣れていない人が不合格になる。
ということです。

 

これらのテキストは別々ですが、1つのまとまった心理カウンセラーに必須の知識です。
そして、「3冊のテキストに書かれた知識が頭の中でまとまっているか?」ということが、メンタルケア心理士の試験合格にとって最も重要なことです。
なぜなら、断片的な知識の寄せ集めや、カウンセリングの技法だけでは、プロとして活躍できないからです。

 

○本当に親切なのはたのまなのヒューマンアカデミーだけ
しかし、通信講座というのは、本当は沢山の人たちが、同じ教材で学んで、同じ試験や資格を目指しているはずなのに、スクール通いの教室で聞ける生の声がちっとも伝わってこないようでは不安かもしれません。
そこが、たのまな通信講座なら、「たのまなコミュニティ」によって、かえって大きな魅力につながっているので、おすすめポイントとなっているのです。
なんと、「たのまなコミュニティ」はソーシャルネットワーキングシステム―いわゆるSNSです。
もちろん、SNSならではの機能が盛りだくさん!
インターネットさえできる環境があれば、いつでも、「たのまなコミュニティ」で同じ資格取得を志す、仲間と話し合い、テキストのこと、開業のこと、授業の進め方、ノウハウなどを情報交換できます。

 

励みになったり、助かったりで勉強を継続して人生を切り拓いていく、大きな力となるに違いありません。
たのまな通信講座は、いつでも空いた好きな時間に取り組めるメリットだけでなく、いつでもプロ講師の個人質問への回答を手に入れることができ、
そして、仲間との語らいに和んだり、励まされたり、勉学への不安を解消できたりもできるのですから、三拍子揃っているといえるでしょう。

 

迷っている人や、講座を受ける前の人にも、一見の価値があり、みんなの評価や進捗、雰囲気など、知りたい情報がいっぱいのはずです。
安心して選択したり、継続していったり、相談したりが可能なのです。
特に、たのまな通信講座の受講を終了したり、資格に合格したりした「先輩たち」などの体験談や、学習中の生の質問、開業報告などは、励ましにも参考にもなるに違いありません。

 

たのまな通信講座のメンタルケア講座には、セット講座もありますが、セットでとるとお得とはいえ、事前に、やりたい内容といえるものかどうかを、
こういうところからもリサーチしておくのが望ましいといえることでしょう。
明るい雰囲気に満ち満ちていているたのまなコミュニティだから、気軽に参加できそうです。