メンタルケア心理士資格合格後の資格登録について

メンタルケア心理士資格合格後の資格登録について

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

メンタルケア心理士の資格を取得したものの、実際のところ、仕事内容や仕事先はどうなっているのか気になることも多いと思います。
カウンセラーが人の心の悩みを引き出す仕事をし、医師が検査結果に基づき病気を診断し薬を処方するなら、
メンタルケア心理士は、それよりもっと幅広い仕事の領域を持っていると思います。それは、試験科目にも入っているように、
精神解剖生理学、精神医科学、そしてカウンセリングの知識などについても、幅広い専門知識を保有しているからです。
このことから、深く広い知識を利用して、医師やカウンセラーが見つけることができなかった人の心のサインにいち早く気づき、
相談にのり、それを少しでもより良くする解決策を見つけることがメンタルケア心理士の仕事領域になると思います。
ストレスにより、身体や体調を崩した人の心のケアを行なったり、身体的疾患にかかってしまったことから、
身体だけでなく心の病気も発症してしまうケースがあります。そういう方の心を健康な状態に導いていくという仕事を行います。
仕事先として考えられる場所は、病院や診療所などの医療福祉関係はもちろん、
小・中学校などの教育現場、企業などのカウンセリングルーム、労務や人事などの各部署にも活躍の場は存在します。
また、完全に独立してカウンセリングルームをオープンしたり、場所を借りて対面式やメール、または電話などでカウンセリングを行う場合もあると思います。
このように、医療関係、教育現場や企業などに所属してメンタルケア心理士として勤務する場合と、
独立して開業して行う場合、また受託して行う場合などが考えられると思います。
今後ますます期待されるメンタルケア心理士は、上位資格のメンタルケア心理専門士はもちろん、
介護福祉士や社会福祉士などの隣接資格、興味ある分野、働きたい分野の資格を取得し知識を広げておくことで、
更に仕事の幅は無限大に広がっていくと思います。

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
この4ヵ月というのが、短すぎず、長すぎずでちょうど良い期間なのです。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、
模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。