具体的にメンタルケア心理士をどのように学ぶのか?

具体的にメンタルケア心理士をどのように学ぶのか?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○たのまな メンタルケア心理士は具体的にどのように学ぶ?
通信講座「たのまな」で取り扱われている「たのまなメンタルケア心理士」とは、心理学系の資格講座の一つです。
心理学系の資格の代表格というと「臨床心理士」をイメージする人は多いでしょうし、
この資格のことを国家資格と認識している人もいるでしょう。
確かに、スクールカウンセラーの資格要件になっているなど、専門職に必須の資格にはなっていますので、このようなイメージを持たれるのも不思議な話ではありません。
しかしながら、この臨床心理士は実は国家資格ではないのです。
一方のメンタルケア心理士はというと、こちらは「公的学会認定資格」です。
公的学会というのは学術研究団体のことで、この団体は日本学術会議の指定を受けています。
また、生涯学習開発財団という名称の第三者評価機関もあるのですが、この財団と前述した公的学会の両方が認定する資格がメンタルケア心理士なのです。
どちらが難しいかというと断然メンタルケア心理士です。
しっかりと計画を立ててたのまなの講座で勉強すれば、必ず合格できると思います。

 

○メンタルケア心理士は何を学べるのか
学習する内容としては、「精神医科学基礎」「精神解剖生理学基礎」「カウンセリング基本技法」になります。
講義DVD、テキスト教材、補講DVDを使って学習を進め、在宅で添削課題の提出をこなす形になります。
学ぶ内容から察しがついた人もいるでしょうが、メンタルケア心理士は医療・福祉機関、教育機関、司法機関、教育機関、労働・産業、相談室などメンタルケア・カウンセリングなど心理学に関わる分野で活躍したい人が基本的な能力を身に付けることが目的となっています。
また、メンタルケア・カウンセリングの仕事に就かなくても、心理学系の分野を学び、自分自身や一緒に生活している家族のメンタルケア・コントロール、職場でのコミュニケーションに役立てたい人が取得することにも適している資格です。
資格にチャレンジするための学歴は問われず、学会指定教育機関においてメンタルケア心理士講座の受講を修了すると終了証発行〜メンタルケア心理士の資格取得が可能で、在宅試験に対応しています。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。