諦めていたメンタルケア心理士になるために

諦めていたメンタルケア心理士になるために

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○諦めていたメンタルケア心理士になるために
メンタルケア心理士試験を受験するからには、なんとしても合格しましょう。そのためには、効率よく勉強を進めていくことが大切です。
しばらく勉強の道から遠ざかっていた人は、どうやって勉強してよいのか戸惑ってしまうかもしれません。まず、自分にあった学習方法で勉強するのが
一番の近道だと思います。
試験方法は在宅試験で、学科試験と論述試験の2種類が行われます。
まず学科試験ですが、記号の選択式のものが多いようです。ですが内容が精神解剖生理学、精神医科学、そしてカウンセリングの知識など、
かなり専門的知識が含まれるため勘でクリアすることは難しいと思います。
在宅試験の為、資料の参照は制限がないようですが、時間が短いので探す手間はほとんどないと考えておいた方がよさそうです。
そのため自分なりにフレーズから調べられるような自分仕様の辞書やノートを作成しておくなどして、覚え方を工夫しておくことが必要だと思います。
論述試験は、「〜について述べよ」という漠然とした質問について述べる形式が多いです。勉強する際は、どんな問題が出ても大丈夫なように、自分なりにテーマをまとめ、理解しておくことをおすすめします。文字数は800字程度となっているようですので、自分の考えまで述べる余裕はほとんどありません。
あくまでも客観的な事実のみを説明できるように理解しておくとよいと思います。
かなり専門的な知識の試験なので、出題範囲が気になるところですが、認定講座のテキストが出題範囲となっているようです。
テキストを何回も読み直し、覚えるぐらいまで復習しておくと自信をもって試験に臨めると思います。
この試験の一番のメリットは在宅受験です。ノートなどを参照できるということですので、ポイントを押さえて理解しておくとよいと思います。

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。