ハイレベルなメンタルケアやカウンセリング、心理療法を学び実践できる心理士へ!

ハイレベルなメンタルケアやカウンセリング、心理療法を学び実践できる心理士へ!

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○ハイレベルなメンタルケアやカウンセリング、
心理療法を学び実践できる心理士へ!

 

精神医科学緒論
心理検査の目的と方法について
心理カウンセリングでは、クライアントの状態に応じて様々な検査を実施する心理アセスメントを行います。
各種検査の概要とその目的について学びます。
また、心理アセスメントでは対象者のパーソナリティを取り扱うので、パーソナリティ心理学の各種理論についても学びます。

 

応用生活心理学
日常に密接した心理学について
日常生活とストレスの関係を認知心理学の観点から学びます。
さらに学校や福祉施設で専門家として活動する際に必要なコミュニティ心理学について学びます。

 

面接技法
 カウンセリングの組み立て方を学びます。
心理カウンセラーの活動において重要な科学者ー実践者モデルや、科学的根拠に基づいた活動に必要な基礎心理学の知識や
理念について学びます。
さらに、多様なクライアントの状態を想定したケーススタディでカウンセリング実践を学びます。

 

精神予防政策学
精神保健の在り方、産業におけるストレス
産業場面では人間は単独ではなく集団で活動しており、集団には個人とは異なる心理的メカニズムがありますので、
集団の持つメカニズムを社会心理学的な観点から学びます。
また、産業・組織心理学についても学びます。
さらに、産業場面における具体的な精神衛生対策とそれに関する各種法律、精神科リハビリテーションについて
学びます。

 

メンタルケア心理士の試験では、文章作成の問題も出題されます。
文章作成問題において重要なことは
1、配布された3冊のテキストはすべてつながっているということ
2.テキストに書かれた言葉だけで解答する
3、記述すべき専門用語がある
4、満点ではなく部分点をめざす。
5、自分の意見を書くのではない。

 

文章作成において重要なのは構成力であります。
昨今はストレス社会であり、外因ストレスや内因ストレス、また、さまざまな理由で?こころ”が病んでいる方々が3人に1人と言われる国民病となっています。
そのストレスは様々な病の原因の1つとなることが多く、心の病や心身症となる前にストレスに対する理解やメンタルケアにより予防や適切な対処が必要です。

 

○認定講座はいくつかありますが、なかでもヒューマンアカデミーの通信講座はおすすめです。
なぜなら、比較的安い費用で効率よくしかも楽しみながら受講できるからです。
費用に関しては、4か月分のテキスト代49000円がかかりますが、受験要件が得られるのであればかなり安いといえます。
効率性に関しては、通信講座で授業が受けられるので、通学する手間をかける必要がない分、時間を無駄にせず学習に専念することができます。
面白い授業を支えるのは、DVD教材です。
文章のみのテキストなら飽きがきますが、ヒューマンアカデミーではDVDが付属しているため、まるで教室で講義を受けているかのようなリアル感が味わえます。
さらに、勉強中に分からないところがあっても質問無制限、何度でもメールやFAXで質問することができます。
リーズナブルな値段でサービスはとても充実しているヒューマンアカデミー通信講座は、とてもおすすめです。