メンタルケア心理士が分かる用語集

メンタルケア心理士が分かる用語集

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

「メンタルケアカウンセラー」「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケア心理士」「准メンタルケア心理専門士」「メンタルケア心理専門士」の3つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

 

「メンタルケアカウンセラー講座」「メンタルケア心理士講座」の2つの資格を同時に目指す講座です。カウンセリング実技実践付。

 

【無料】資料請求はこちら

 

○ここでは、メンタルケア心理士に必要な専門用語を説明したいと思います。

 

依存症
精神に作用する科学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激なしにはいられない状態のこと。
俗には「中毒」と呼ばれる。

 

インテーク面接
クライアントに対して最初に行われる面接のこと。
クライアントの相談の趣旨を明らかにし、抱えている問題の内容を把握して、クライアントにカウンセリング可能かどうかを判断する。

 

過換気症候群
ストレスや不安により、多様な疾患が起こり、それを原因として過呼吸発作を起こす病気

 

カクテルパーティ効果
脳内で必要な音と不必要な音を無意識に聞き分けている作用のこと。
これは、聴覚における無意識の認知であり、人には音を選び取る心理作用があるといえる。
語源はパーティ会場の雑多な音の中でも会話が成り立つことから来る。

 

カタルシス
抑圧された情緒的エネルギーを何らかの形で開放すること。

 

心的浄化
アリストテレスににより、それまで医学用語だった「カタルシス」を精神に適用された。
共感もカタルシスのひとつであるとされ、カウンセリングの基本概念と通じる。

 

共感的理解
カウンセリングにおける重要な基本的態度のひとつ。クライアントの感情に巻き込まれることなく
クライアントが抱える不安や悩みに対して、共感し理解を示すこと。

 

合理化
適応機制の一つ。葛藤や罪悪感を伴う言動を正当化するため、何か別の理由を付けて情緒的安定を図ろうとする無意識のシステム
失敗を偶発的な原因や外的要因に求めることもここに含まれる。

 

コ・メディカル
「CO(共同)」と「MEDICAL(医療)を組み合わせた言葉。従来の医療従事者だけでなく、栄養士やカウンセラーなど、広い職種の医療従事者が協同して患者にサービスを提供していくこと

 

○たのまなメンタルケア心理士で学べる事
たのまなのメンタルケア心理士講座では、4ヶ月間に渡り、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法といった本格的な事が学べます。
初めての人にもわかりやすいように、基礎から学べますのでカリキュラムに沿って進めていけば知識がない人もゼロからしっかり学べます。
メンタルケア心理士のたのまな独自のカリキュラムは、重要な部分を選び抜き効率よく学べる構成となっているので、4ヶ月という短期間でもしっかりと学べます。
必要な教材は全て揃っていますし、DVDとテキストが連動しているから、見て学ぶ事を実感できるでしょう。
合格に近づくための合格虎の巻や、オリジナル添削問題集、3回のレポート、補講問題、模擬試験、修了テストと計6回で知識を身につけられるようになっています。
合格までのスケジュールについては、精神医科学、精神解剖生理学、カウンセリング基本技法1ヶ月ずつかけて学び、模擬試験や補修問題をクリアしたら、修了テストに進みます。
その後教材を使ってもう一度見直しをして、試験本番に臨みます。
4ヶ月間かけてじっくり学び修了テストまでクリアできたら、後はもう一度見直しをして試験に備える事ができるのも、たのまなの魅力です。
この間約6ヶ月かかりますが、認定試験までの準備期間があるのは安心でありメリットです。