心理カウンセラーに国家資格が登場?公認心理師

心理カウンセラーに国家資格が登場?公認心理師

○心理系の資格にとうとう国家資格が誕生する
ストレス社会といわれるようになり、心に問題を抱える方が多く見られるようになりました。そういった中で、心のケアをする仕事というものが注目され、求められるようになりました。いわゆる心理カウンセラーというものなのですが、心理カウンセラーという名前の資格は存在しません。そのため、心理カウンセラーを名乗るために、民間の資格を取得していくというのがこれまでの流れでした。
心理系の資格は、これまで民間のものしか存在しませんでした。心理系の資格の中でも最高峰であり、最難関といわれている臨床心理士でさえも、民間の資格なのです。これまでは民間の資格しかないという状態が当たり前だったのですが、とうとう心理系の資格に国家資格が誕生することになりました。それが公認心理師というものです。
心理系の資格に国家資格がないことは結構前から言われていましたし、だからこそ最高峰であり最難関である臨床心理士を国家資格に・・・という話も出ていたのですが、臨床心理士とは別の形で公認心理師という国家資格が誕生することになったのです。心理学を勉強している方、心理系の仕事をしている方にとっては、衝撃的なことでしょう。

 

○ハードルが高すぎる公認心理師の受験資格
心理系の資格の中で唯一の国家資格ですので、公認心理師の資格を取得したいと考える方も多いでしょう。しかしながら、公認心理師の資格を取得するためには、まず受験資格というものを満たさなければいけません。ですが、受験資格満たすのも簡単ではありません。むしろ、受験資格の時点でハードルが高すぎるのです。
公認心理師の受験資格は、大学か大学院で心理学その他の必要な科目を修了した人、またそれに準ずる人、大学で心理学その他の必要な科目を修めて卒業した人、またそれに準ずる人で一定の施設で心理に関する支援業務に従事した人、これまでの条件と同等かそれ以上の知識や技術を持っている人となっています。
受験資格を満たすだけでもかなりの時間とお金、労力がかかります。それならば、国家資格にこだわらずとも民間で知名度もあり、権威もあるメンタルケア心理士の資格を取得したほうがいいでしょう。公認心理師はできたばかりの資格でこれからどうなるかわかりません。メンタルケア心理士は確実にその知名度や注目度も高まっていますので、将来性もあります。