メンタルケア心理士はトリプル認定で信頼度大

メンタルケア心理士はトリプル認定で信頼度大

○トリプル認定だからこそ信頼される資格
メンタルケア心理士の資格の特徴として、トリプル認定というものが挙げられます。文字通り、3つの団体から認定を受けているということになります。ただ、この3つの団体というのがそれぞれしっかりと権威を持っているため、メンタルケア心理士のトリプル認定というのが大きな特徴にもなりますし、強みにもなってくるのです。
認定をおこなっている団体のひとつがメンタルケア学術学会です。メンタルケア学術学会というのは、内閣府特別の機関です。言ってしまえば、公的なところから認定を受けているということになるのです。
次に、認定をおこなっているのが一般社団法人生涯学習開発財団です。一般社団法人生涯学習開発財団というのは、旧文部科学省所管財団であり、生涯学習に関する情報提供や支援を長くおこなっている第三者機関です。旧文部科学省所管財団ということもあり、この団体から認定を受けているというのもなかなかすごいことなのです。
そして、ヘルスケア産業推進財団からも認定を受けています。ヘルスケア産業推進財団に関しては聞きなれない、見慣れないという方もいるかもしれませんが、ざっくりといえば、ヘルスケア産業に関わる人材育成や評価などをおこなっている第三者団体ということになります。メンタルケア心理士というのは、まさにヘルスケアに大きくかかわってくるものです。この団体から認定を受けているというのにも大きな意義があります。

 

○心理系の資格でトリプル認定はすごいこと
心理系の資格にもいろいろなものがあります。最近ではようやく国家資格も誕生しましたが、心理系の資格というのは基本的に民間のものばかりです。実績もない、本当に名前だけの団体からしか認定をもらえていない資格があることを考えれば、メンタルケア心理士のように権威ある団体から認定をもらっているというのは本当にすごいことなのです。
しかも、メンタルケア心理士の認定をおこなっている団体が3つもあり、それぞれが権威を持っているのです。だからこそ、メンタルケア心理士の資格というのは信頼度が違うのです。民間の心理系の資格の中でも、その信頼度はマックスといってもいいかもしれません。だからこそ、今、メンタルケア心理士の資格取得を目指している方が多くなっていますし、メンタルケア心理士の資格自体も注目されるようになっているのです。