心理学の資格には大きくメンタルケアとケアストレスがある

心理学の資格には大きくメンタルケアとケアストレスがある

○メンタルケア系の資格
心理学の資格にはいろいろなものがあります。その中には、メンタルケア系の資格というものも多く見られます。メンタルケア系の資格の場合、そのまま資格の名前に「メンタルケア〜」とついていることが多いようです。
メンタルケア系の資格というのは、その名前の通り、メンタルをケアしていくための資格になります。人間にとって、メンタルというのは非常に重要なものです。健康というものを考えたときに、おそらく多くの方が体のことばかりを思い浮かべるのではないでしょうか。しかしながら、心と体のバランスが取れていてこそ、本当の健康というものを目指していくことができるのです。
しかしながら、メンタルというのははっきりと目に見えるものではありません。体を怪我すれば怪我したところを見ることができますが、メンタルを傷つけてしまってもその部分を見ることはできません。だからといって放置しておけば、メンタルがそのうち体にも影響を及ぼしてしまうかもしれません。このように目に見えないメンタルの部分をしっかりとケアしていくための知識やスキルを身につけていくのがメンタルケア系の資格というわけです。

 

○ケアストレス系の資格
心理学の資格の中には、ケアストレス系の資格も存在します。ケアストレス系の資格というのは、文字通り、ストレスのケアをしていくための資格になります。人間は生きている以上、常に何かしらのストレスを感じるものです。人間関係によるストレス、やるべきことが多すぎるがゆえのストレス、逆にやることが何もない状態へのストレス・・・など基本帝に何かしらのストレスを抱えながら生きているものです。
ストレスは目に見えないものですが、確実に心と体をむしばんでいくものです。だからこそ、ストレスをそのまま放置するのではなく、ストレスのケアをしていくべきなのです。しかしながら、多くの方はストレスのケアの方法というものを知りません。そこで役立ってくるのがケアストレス系の資格なのです。
ストレスとどう向き合っていくのか、ストレスを受けてしまった後にどうすればいいのか、ストレスを受けないためにはどうしたらいいのか・・・こういったことに関する知識やスキルを身につけるのがケアストレス系の資格です。これによって自分だけではなく、周りの人のストレス対処のサポートをしていくことができるのです。