メンタルケア心理士合格後の認定証書授与までの流れ

メンタルケア心理士合格後の認定証書授与までの流れ

○メンタルケア心理士合格後には
メンタルケア心理士の試験後、だいたい1ヶ月ほどで合格発表があります。基本的に郵送での合否連絡になります。合格の場合には、A4封筒にいろいろな書類が入った状態で届くことになります。封筒の中には、合格通知以外にも、認定証発行関連の書類や学会関連の書類、他の関連資格試験の案内などが入っています。
合格したら、まずは1ヶ月以内に認定証の発行手続きをおこなう必要があります。認定証の発行の際には、証明写真が必要になります。証明写真がない場合には、急いで用意するようにしましょう。認定証として、証書以外にも認定カードとピンバッチがついてきますので、まさに「資格を取得した」という実感を得られるでしょう。
メンタルケア心理士の資格を取得して、すぐにその資格を使って仕事をするという場合には、認定カードを提示することが多くなります。そのため、認定カードに使われる証明写真にはかなり気を使っておいたほうがいいでしょう。写真ひとつでも印象が大きく変わってくるものです。ちなみに、認定証の発行手数料として3,500円ほどかかることになります。申請をしてから1ヶ月ほどかかりますので、実際に手にするのはもう少し先になります。

 

○その他の手続きについて
学会への入会手続きは義務ではありません。あくまでも任意になりますので、本人の気持ち次第なのですが、入会しておいたほうが安心です。というのも、学会に所属してようやく仕事ができるといった話もあるのです。もちろん、入会せずとも仕事をしている方はいるのですが、迷う場合には入会しておいたほうが無難でしょう。入会金として8,000円ほど、それに加えて年会費として10,000円ほど必要になってきますので、安くはありません。ただ、学会への入会と考えれば、これくらいが相場になるでしょう。
学会への入会以外だと、関連資格試験への申し込みなどもあります。このあたりは、必要なものを自分で選択し、試験を受けるかどうか考えていくといいでしょう。基本的に認定証にしても、学会への入会にしても、関連資格試験への申し込みにしても、すべての手続きには期限が設けられています。「合格した!やった!」と浮かれていて、そのまま1か月以上過ごしてしまえばもう手続きには間に合わないかもしれません。そういったことがないように、期限内にしっかりと手続きを終えるように行動していきましょう。