メンタルケア心理士とはどのような仕事内容か?

メンタルケア心理士とはどのような仕事内容か?

○メンタルケア心理士の仕事内容って?
メンタルケア心理士の資格を取得したものの、実際のところ、仕事内容や仕事先はどうなっているのか気になることも多いと思います。
カウンセラーが人の心の悩みを引き出す仕事をし、医師が検査結果に基づき病気を診断し薬を処方するなら、メンタルケア心理士はそれより
もっと幅広い仕事の領域を持っていると思います。
それは、試験科目にも入っているように、精神解剖生理学精神医科学、そしてカウンセリングの知識などについても、幅広い専門知識を保有しているからです。
このことから、深く広い知識を利用して、医師やカウンセラーが見つけることができなかった人の心のサインにいち早く気づき、相談にのりそれを少しでもより良くする解決策を見つけることがメンタルケア心理士の仕事領域になると思います。
ストレスにより、身体や体調を崩した人の心のケアを行なったり、身体的疾患にかかってしまったことから、身体だけでなく心の病気も発症してしまうケースがあります。そういう方の心を健康な状態に導いていくという仕事を行います。

 

○メンタルケア心理士の仕事先って?
仕事先として考えられる場所は、病院や診療所などの医療福祉関係はもちろん、小・中学校などの教育現場企業などのカウンセリングルーム、労務や人事などの各部署にも活躍の場は存在します。
また、完全に独立してカウンセリングルームをオープンしたり、場所を借りて対面式やメール、または電話などでカウンセリングを行う場合もあると思います。
このように、医療関係、教育現場や企業などに所属してメンタルケア心理士として勤務する場合と、独立して開業して行う場合、また受託して行う場合などが考えられると思います。
今後ますます期待されるメンタルケア心理士は、上位資格のメンタルケア心理専門士はもちろん、介護福祉士や社会福祉士などの隣接資格、興味ある分野、働きたい分野の資格を取得し知識を広げておくことで、更に仕事の幅は無限大に広がっていくと思います。