メンタルケア心理士の歴史について学びメンタルケア心理士に合格しよう

メンタルケア心理士の歴史について学びメンタルケア心理士に合格しよう

○メンタルケア心理士の歴史って?

 

メンタルケア心理士という資格が一般に知られるようになったのは比較的最近の事のようです。
外国では名前は異なりますが、医療従事者ではなくても精神カウンセリングのみを専門に行う職業や資格が古くから存在し、医療と共に進歩してきたようです。
また、カウンセリングという言葉が日本に普及していると思いますが、これからも心理学を勉強して人の役に立ってほしいと思います。
日本では医療の一環としてカウンセリングの重要性が知られて、人々に受け入れられ始めたのが最近ですので、
メンタルケア心理士の資格が最近になって知られるようになったというのも不思議ではありません。
とりわけ、メンタルケア心理士が国家資格ではなくて「特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会」、と「財団法人生涯学習開発財団」が定める資格であるため、人々の間で知られるための時間が必要であったというのも理由の一つかもしれません。
日本においては、こうした精神面での病気やトラブルに対処するための専門の医療分野として「心療内科」という診療科目がよく知られています。
最近は精神科という分野よりも、この心療内科がよく知られるようになってきました。日本で正式な診療科目とされたのは1960年代の中頃であると言われていますので他の診療科目に比べますと非常に新しい医学分野であると言えます。

 

○医療の歴史と比べてどうなの?
世界の医療の歴史と比べますとデーターや経験が少ない分野であることも否めません。
ただ日本でもここ10年くらいの間にこの種の分野に関連した病院や診療所、相談施設などが激増しています。加えて相談に来る人々の数も増えていますので、対応する専門家が足りないというのも事実のようです。
なので、心理学を勉強する方は非常に優遇されます。
こうした現実を考えますと、メンタルケア心理士がカウンセリングを通して人々を助ける分野はますます広くなります。メンタルケア心理士はかなり広い分野で人の体や精神を見ることができますので、活躍の場は多岐にわたることが分かります。医療関係者ではなくても、問題を抱えている人々を自分の学んだ知識を生かして助けることができるのはとてもうれしいことです。
1899年のエミール・クレペリンによる功績によって、精神障害を分類することが試みられ、これは現在のアメリカ精神医学会(APA)による『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM)が作成されるに至っている。生物学的な識別に基づかない記述精神医学である。
20世紀初頭にはジークムント・フロイトによる精神分析学の流れが精神医学に起こった。無意識に記憶されている幼少期の性的欲動に症状の起源があるという理論である。それは様々な批判や、理論的な指摘を受け新フロイト派といった他の学派を生んでいった。
しかし、後の認知心理学は、何年も治らない症状や無意識への疑問から現在の主流となっている。
1950年代より精神科の薬が登場し、生物学的精神医学が全盛を迎えたが、21世紀初頭となっても精神障害を識別するための確かな生物学的指標は発見されず、その脳内伝達物質の化学的不均衡の理論や、薬の有効性にも疑問が投げかけられてきた。