メンタルケア心理士学術協会とは?

メンタルケア学術学会とは?

○メンタルケア学術学会ってどんなところ?
メンタルケア学術学会とは、特定非営利活動法人の医療福祉情報実務能力協会に
設置された学会です。
心理関係の資格について調べると資格と共に認定団体は非常に多くあるのですが、同学会は平成23年に日本学術会議より協力学術研究団体としての指定を受けました。
日本学術会議は内閣府の特別の機関の一つで国内の科学者の代表機関となることから学会は公的学会として認められており、また学会の認定資格もその権威が広く認められています。

 

○メンタルケア学術学会と認定資格について
学会ではメンタルケア心理士やメンタルケア心理専門士は元より、メンタルケアに関係した合計6種類の資格を認定しています。
資格試験は医療福祉情報実務能力協会が実施しているのですが、学会では受験啓発や資格向上のための活動を行いより、多くの専門知識を備えた資格保有者を輩出しています。
また学会には有資格者のみが正会員として入会することができるのです
が、有資格者に向けては心理や臨床の専門家から更なる知識や技術を向上させるためのスキルアップや研究発表、さらに有資格者同士の交流や情報交換なども行なわれています。
また有資格者として働く中では、社会的にメンタルケアについてニーズが高いことから独立開業を考えている方もおります。
学会ではそうした方に向けて就業支援を行い、将来に向けての独立相談室の開業を支援するための事業も行なわれています。
こうした支援は有資格者が誰でも利用できる物ではなく、学会理事会で審査が行なわれて認定プロカウンセラーとして認定を受けた場合に支援を受ける事ができるようになるのです。
まず就業支援では医療機関・福祉施設・相談援助機関などを始めとしてそれ以外の各種業界でカウンセラーが活躍できる事業所などへの推薦を受けることができます。
また独立の際にも事業所開設に関わる幅広い相談に応じてくれますので、単に学問のみを追及する学会とは大きく異なり、実際に働くうえで非常に有益な情報をもたらしてくれます。