メンタルケア心理士の受験概要について

メンタルケア心理士の受験概要について

○メンタルケア心理士の受験概要ってどんなもの?

 

社会からの需要がますます高まっているメンタルケア心理専門士。受験資格には何が必要なのでしょうか?
それは、協会認定のメンタルケア心理士に合格していることが条件となります。
また、臨床心理士の資格を保有している人心理隣接研究生心理専攻科修士の方も受験が可能です。
受験を希望する人は、学位証明書と履修証明書のいずれもコピーが必要になりますので、早めに取り寄せておいた方がよいと思います。
審査には、書類が到着してから7営業日ほどかかるようなので、余裕をもって申し込んでおきましょう。
また、協会指定の教育機関で学習した人は、願書記入の際に「教育機関名(学校名)」、「学籍番号」、「学習開始日」の明記が必要になります。
受験資格があるにもかかわらず、書類が揃っていなかったり、間に合わないということで受験ができないということがないように、気を付けましょう。

 

○試験科目はどのようなものがあるのか?
次に、試験科目はどのようなものがあるのでしょうか?心理専門士と聞いただけで、かなりの専門的な知識を求められるような気がします。
実際、専門用語が多く、試験範囲にはメンタルケア心理士の分野全般メンタルケア心理専門士
の分野の両方から出題されます。臨床検査や投影法などの検査学・事例検証・処方箋学の精神医科学緒論、カウンセリング、コミュニケーション法などの面接技法、応用生活心理学、カウンセリング技法、また精神予防政策学などと出題範囲は多岐にわたります。また、実技試験として口頭試問もしくはカウンセリングの実技が実施されます。
試験方法は、学科試験を試験会場で受験しますが、その会場で課題レポートの「課題」が発表されます。それを指定日時までに送付することになっています。実技試験を受験することができる人は、学科試験および課題レポートの合格者だけとなっており、この難関に突破することができれば、心理カウンセラーのプロとして活躍できる可能性がますます高くなってきます。